東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

アイドル横丁のタイテが上がりました。 短いのでオマケつき(ミツB5のAM入場 配9751レ)

7/8、9に行われるアイドル横丁夏祭りのタイムテーブルが出ました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170622215012j:plain

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170622215018j:plain

 

 

 

スタダからは桜エビ~ず、いぎなり東北産、ロッカジャポニカ3Bjunior全体、3Bjunior各ユニット、CROWN POP(芸能2部のグループ)が出演するみたいです。

 

 

 

何が言いたいかっていうと、

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170622215009p:plain

 

 

まとめたので活用してください。

 

 

↑ここのカレンダー更新滞ってますけど、そろそろまとめるんで、しばしお待ちを…

 

 

 

 

短いけどまとめ活用促進のために書きましたとさ。

 

 

 

 

 

短すぎるからオマケ。

 

 

 

 

2017/6/14 @さいたま新都心

配9751レ

 

JR東日本 八王子支社 三鷹車両センター(八ミツ) B5編成(E231系0番台)

青森車両センター入場配給

 

牽引 EF81-134(長岡)

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170622220328j:plain

6/18 ロッカジャポニカ 川崎クラブチッタ 4th tour ~Revenge for 1000~ リキッドより悪化してるじゃん、何してんの

川崎クラブチッタで行われたロッカジャポニカ 4th tour ~Revenge for 1000~を見てきました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170618205837j:plain

 

 

 

去年の11月に恵比寿リキッドルームで行われたライブで1000人動員できなかったからリベンジしようっていう至極単純なテーマのライブです。

 

 

今回は”4th tour”ということで、原宿、仙台、福岡、大阪、名古屋を回ってきて、ファイナルがこのチッタのライブだったわけです。

 

 

 

まずはじめにはっきり言ってしまうと、最悪でした。

 

 

今回の評価の仕方は、前回のリキッドとの比較です。

 

 

いちいちポイントごとに問題点を書いていくとわかりづらくなるので、先に書きます。

 

 

 

歌唱力の低下

ダンスの質の低下

 

 

つまり、

 

悪い意味で慣れてしまった

 

 

ということです。

 

 

まぁひどかったですね、音ズレが。

 

 

ロジャポの特徴はズバリ安定感でした、今までは。

 

 

しかし、音楽と声がずれることがあまりにも多すぎる。

 

 

そして、今まであった安定感には、一貫性というものも備わっていました。

 

 

しかし、一貫性を損なっていなかったため、頭からケツまで一貫してひどかったです。

 

 

 

ダンスも、本来は評価したかった。

 

 

キレが今まで以上のもので、最初は「歌唱捨ててダンスグループになったのね」と思ってました。

 

 

しかし、よく見てみると、要所要所の細かい動きが疎かになっていて、とてもダンスを極めているという評価はできませんでした。

 

 

細かいポイントは曲ごとに書いていきます。

 

 

まずはセトリ。

 

セトリ

 

(チッタ下見映像)

overture

WEE FIGHT OH

烈作郎

(MC・自己紹介)

世直しタイムスリップ

アブラカタブラ アルジェブラ

(MC)

吾輩は乙女である

全力大実験

(MC・カバー曲決めじゃんけん)

おっしょい!(福岡・ばってん少女隊)

なにわのはにわ(大阪・たこやきレインボー)

(チッタに向けた意気込みVTR)

MUSIC FANTASY

ボクタチ ワタシイロ

魔法のスープ

(MC・告知)

腹筋録

NEW CROWN

(MC)

Dreaming Road

ワールドピース

だけどユメ見る

(軽い挨拶)

 

〜アンコール〜

SPARKLE TOUR

(MC・人数発表・告知)

教歌SHOCK

独特道徳ドクトリン

(MC)

歌いたいのうた

タンバリン、凛々

(MC)

 

 

確かYouTubeかどこかにUpされていたはずのチッタの下見をしているメンバーの映像を流してからのライブでした。

 

 

可動式のスクリーンに投影して流して、パフォーマンス中はスクリーンを上に上げておく感じでした。

 

 

 

WEE FIGHT OHを聞いた時、個々の声質は向上しているように感じ、その反面声が合わさると音が合わないなと感じました、まぁこれは個々の声質を上げている途中と仮定すると違和感ないのでこのときはスルー。

 

 

烈作郎、MC、ここまできてはっきりしました。

 

 

 

盛り上がってるの上手側だけじゃん

 

 

 

そうです、騒がしいおまいつ達は中央から上手側に集約されていたのです。

 

 

うーんこれは正直よくなかったかな。

 

 

騒ぐのがいい悪いの話はおいておいて、盛り上がっているのが一部の集落だけというのは、ワンマンライブとしてちょいと険しい状況です。

 

 

もう少し分散していればまだよかったんだけどなぁ。

 

 

フェスで集落ができるのはわかるけど、ワンマンでそうなると、観客の中での温度差が形骸化する。

 

 

ただでさえステージと観客の温度差が著しく大きかったライブなので、尚更です。

 

 

ステージでは盛り上がるから暑くなるだとか、実際踊ってるから暑いのもあったんだろうけど、こっちは空調効き過ぎで寒くて仕方なかったです

 

 

そういう意味での温度差もありました。

 

 

 

悪い意味での慣れというのが顕著に表れ始めたのは吾輩は乙女であるあたりからです。

 

 

 

 

これだけでなく、このタイミングでエスタシオン(会場運営)が過剰に周回をはじめる。

 

 

開演前から嫌な予感はしていました。

 

 

あまりにもカメラ等の持ち込みの規制が強く、メンバーの前説アナウンスでの諸注意を強めに入れてきていました。

 

 

いつもやらない手荷物検査まで行っていました。

 

 

この時点で何かしらがあるということは推測できていましたが、まぁまさかエスタシオンがここまで動くとは思っていませんでした。

 

 

もちろん厄介行為の取り締まりは強化すべきですが、ちょっと過剰じゃないの?とも思いました。

 

 

というのも、観客の視界に入ることを気にせずちょこちょこ動き回ってるからです。

 

 

まぁ人数が少ない中で回してるのはわかりますが、にしても配慮が足りなかったかなぁ。

 

 

 

まぁエスタシオンは正社員数名+バイトで現場を回しているっぽいので、そこまで責められません。

 

 

 

 

そして、会場のボルテージが最も上がったのがカバーパート

 

 

地方を回っているときにその地方のスタダグループの楽曲をカバーするというものをやっていたみたいで、それをこの場でもやろうじゃないか!という企画。

 

 

 仙台  天下一品~みちのく革命~/いぎなり東北産

 福岡  おっしょい!/ばってん少女隊

 大阪  なにわのはにわ/たこやきレインボー

名古屋  抱きしめてアンセム/チームしゃちほこ

 

 

この4択で、てっきり全曲やってくれるのかと思いきやじゃんけんで選ばれた2曲ということに。

 

 

結果、おっしょい!となにわのはにわの2曲になりました。

 

 

あ‶あ‶あ‶あ‶あ‶----------天下一品はーーーー!?!?!?!?!?

 

 

天一やらない理由なんてなくないっすか????

 

 

まぁ天一やったらこのライブのマイナス評価が少しだけプラスに近づいただけなんですけども…

 

 

おっしょい!でヘドバンしてる人少なかった?いなかった?ですが、禁止でしたっけ?

 

 

禁止だとしてもおっしょい!だけは解禁とかしてくれないと。

 

 

あの曲はヘドバンあってこそ成り立つでしょ、本家リスペクトが足りない!()

 

 

 

なにわのはにわも、思ってたほどのものじゃなかったし、オトモダチ過大評価多すぎ()

 

 

 

いやまぁ私もオトモダチだったときは肯定派だったから気持ちはわかるんですが…

 

 

 

 

 

それから幕間の映像、これ確かリキッドの時もそうでしたが、画面中央下部にLINEのアイコンが飛び跳ねるのなんとかならないんですかね?

 

 

タブレットから映像流してるんだろうけど、流石に気が散るし、こういうのは処理しておいてくれないと…()

 

 

 

 

 

映像を流した後、タンバリン、凛々。の制服衣装に衣装替えして出てきて、MUSIC FANTASY。

 

 

歌唱レベルの悪化については、この曲の椎名ソロのロングトーンがもう顕著にこれを表していました。

 

 

3rdツアーでめきめき成長したあの歌唱はどこへ?

 

 

期待が大きかった分残念でしたね。

 

 

 

このあと2曲やって、ここで告知を挟みました。

 

 

 

↑これ。

 

 

 

 

で、腹筋録。

 

 

ここでまたエスタシオン発動。

 

 

上手側も一部制されていて、うーん。

 

 

 

NEW CROWNも、歌詞の重みを大切にしているようには感じられなかったし(以前はひしひしと感じていた)、これも悪い意味の慣れの一環なんでしょうね。

 

 

そしてワールドピースでも音ズレ。

 

 

だけどユメ見るで締めて、「以上、私たち~」だけで本編を締めました。

 

 

なんだこのアンコールありきの演出は

 

 

本来アンコールは観客がもっと見たいからなされるもので、(筋書き通りであっても)筋書きのように見せるべきではありません。

 

 

あくまでも本編は本編で完結させて、それからアンコールは独立性を持たせるべきなのです。

 

 

これができていなかったのは大きな失態ですね。

 

 

このライブ全体を通してみると、照明演出に翻弄された、映像化意識のライブであることがわかります。

 

 

カメラが後ろに2台、両脇1台ずつ設置されていましたし、映像化はほぼ確定と言っていいところではないでしょうか?

 

 

照明演出も、生で見るとちょっと光量強いし、カメラ意識のところがあるはずです。

 

 

まぁアルバムが冬と発表されている以上、ここで告知しなかったからにはそれ以前ってことはないんでしょうけど。

 

 

あるいは同時リリースですかね、オトモダチは金持ちばっかりだし今のうちにむしりとっておく作戦ですかね?わからないですけど。

 

 

 

 

 

 

1041人、達成はしましたけど、目標値の+41であの笑顔、本当に武道館が目標なのか?とどうしても疑ってしまう。

 

 

映像化意識、と先述しましたが、この舞台演出は明らかに来たる武道館でのライブを潜在的に意識している演出です、要所要所でうかがえます。

 

 

と、そんな環境下で、目標値+41に満足していいのか?

 

 

もっと上を目指すべきじゃないの?

 

 

ロッカジャポニカはライブありきのグループだと思っているので、ライブパフォーマンスが低下したら特典会しか残らない、ロ○コンの巣窟でしかなくなるのです

 

 

だからこそ、このパフォーマンスの悪化を直ちに止めて、まずはリキッド時点の水準に戻ってほしい。

 

 

そこから先を目指して進んでいってほしい。

 

 

音響最悪の現場だったけど、音ズレをそのせいにはしないでほしい。

 

 

次にロジャポをワンマンで見るのは武道館にしたいですね、それまでは行かないつもりです、また今回と比較したいしね。

 

 

ま、ほんとに武道館に行く気はあるのか、そして根本的に行けるのか、わからないですけども。

 

 

 

 

 

 

 昨日の一番の収穫は、昨日から供用開始した川崎駅中央北改札を利用できたことですかね。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170618210008j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170618210153j:plain

 

 

しばらくはトイレなどの設備を利用できないとのことですが、まぁ、おNEWな匂いを嗅げたので十分ですかね。

 

 

最近だと山手線の新型車両E235系第5編成(東トウ05)の運行初日に1614G運用で乗りましたけど、新車臭はイマイチでしたからね、なんなら桜エビ〜ずの4月のワンマンの時にたまたま渋谷で撮れた西武40000系のほうが新車臭強かったですから。

 

 

まぁ西武40000の写真、やらかして消去しちゃったんですけどね()

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170619160520j:plain

 

ってことでトウ05から東武金100を眺めつつ

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170619162852j:plain

「欅って、書けない?」・「オタクィーーーンイングリッシュ!」の後にテレ東でやってる「浅草ベビ9」が色々反則  奥田こころ可愛すぎひん?

日曜25時5分からテレビ東京で放送されている番組「浅草ベビ9」。

 

 

ベイビーレイズJAPANと9nine(とローファーズハイ)の冠番組です。

 

 

欅坂46冠番組「欅って、書けない?」を見終わってそのまま放置してるとなんかやってるって番組です。

 

 

私自身けやかけ見てて、ケヤカスとTwitter感想戦してたらいつの間にかベビ9が始まってたってのが見始めたきっかけですし、そういう人結構多いと思います。

 

 

ちなみに私はオタクィーーーンイングリッシュガチ勢(?)なので、HOT WAVE(23:30~)→乃木坂工事中(24:00~・お風呂の時間←)→オタクィーーーンイングリッシュ(24:30~・5分遅れ裏番組が欅って、書けない?)→浅草ベビ9(25:05~)→25:45就寝、という流れです。けやかけごめん。

 

 

ここで誰も興味の無い情報を付け加えとくと、我が家の録画機は2番組同時録画などできない古い型なので、もちろんオタクィーーーンイングリッシュを生で見つつ録画しているので、けやかけはどうしても見たければゴニョゴニョに頼るしかないのです(おい)

 

 

ついでに言っておくと、今オタクィーーーンではこんな企画をやってます。

 

 

この企画にちょいと挑戦してみようと思ってるので、ブログの方がちょいと頻度落ちてるわけです(小声)

 

 

オタクィーーーンについてはまた今度エントリー書くつもりなのでその時にでも。

 

 

 

 

さて、ベビ9の何が反則なのか、という話でしたね。

 

 

まず、MCが三四郎の小宮とバイきんぐの小峠です。

 

 

そう、今ノリにノッているバイきんぐ小峠がMCです。


f:id:tokyu_kawagoe:20170611023717j:image

 

 

流石レプロエンタテインメント、多忙な小峠をよくキャスティングしてきました。(小宮もある程度仕事ある人だし、これまた流石です)

 

 

ちなみにナレーターは三四郎小宮の相方・相田。相方にもちゃんと仕事あるよ!!!

 

 

 

小峠がいることで、存在感は抜群だし、キレのある(?)ツッコミでまぁ盛り上がること盛り上がること。

 

 

ゲストで菊地亜美を呼んだ時も、菊地亜美<<<<<<<<<小峠って感じの存在感、今の芸人界に小峠に匹敵する人材がいるかといったら、まぁ似た人はいないでしょうね、彼と同様あるいはそれ以上の存在感を示す人はいても、別方面でしょう。

 

 

もう1人のMC・小宮もちょいちょいボケるので、面白さは絶えません。

 

 

 

 

MCだけでも十分反則なのに、それだけでは止まりません。

 

 

冒頭に私はこう言いました。

 

ベイビーレイズJAPANと9nine(とローファーズハイ)の冠番組です。

 

そう、ベビレとナイン以外にも、ローファーズハイというグループ?集合体?がちょいちょい出演しているんです。

 

 

 

例えばCM入り/明けの幕間に8秒間流れる方言彼女風の映像に、3の倍数の回(#3、#6、#9…)でローファーズハイが出てきます

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611212828p:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170611212810p:plain

 

 

なんだこの、び、び、びびび美少女は!!

 

 

けしからん!こんなに可愛い子をこんな深夜にテレビの電波に乗せてしまうレプロとテレ東!!

 

 

 

奥田こころちゃん、宣材は微妙だけど、宣材微妙で実物どちゃくそ可愛い子を何人も見てきているので、そんなことは関係ありません。

 

 

ブログとかやってるのかな~って思ったけど、やってたのはインスタだけ…

 

 

頻度高いと毎日、でもまぁ2・3日に1回更新といったところです。

 

 

毎回毎回可愛い写真をアップしてくるので、その度”キュン死”していることは言うまでもありません。

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214557j:plain

 

 

 

こういったインスタ特有のシャレオツな感じもあれば

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214543j:plain

 

こういうちょっと大人っぽメークをしたこころちゃん

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214614j:plain

 

お姉さんって感じのこころちゃん(ちなみに弟君がいる)

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214604j:plain

 

The 自撮り、な写真もあって

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214636j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214646j:plain

 

接写のこころちゃん、間近で見ても可愛い…

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214625j:plain

 

目を瞑っても可愛いが溢れるこころちゃん(ちなみに可愛いが溢れすぎて”可愛い”の”い”、つまりキーボードの”i”を押しすぎました)

 

 

そして、何と言ってもこれ!

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611214654j:plain

 

はぁ、しゅき。

 

 

肩出し、舌出し、これだけキワドイところを攻めていても性描写を感じないこの神聖さ!!

 

 

ずっと見つめられていたいですね。

 

 

アイドルを”エッチだ”とか言うどこかの誰かさんにはこころちゃんを絶対に渡しません。

 

 

というか、どんなヲタクにも渡しません、こころちゃんTO宣言とでも言っておきましょうかね。

 

 

はぁ、しゅき。

 

 

 

 

 

私は毎週「浅草ベビ9」を、深夜に電波に乗せられちゃってる可愛すぎるこころちゃんにけしからんっ!って思うために見ていると言っても過言ではありません。

 

 

金欠を極めているななよん氏ですが、8月のローファーズハイ公演、見に行くつもりです。グヘヘ

 

 

あ、そうそう、ローファーズハイってのは、舞台公演をやってる集まりのことみたいです、さっき書きそびれたけど。

 

 

つまり、アイドルとも違った女優さんってわけですね。

 

 

これで女優の推しは3人目です。(1人目:言わずと知れたガッキー、2人目:朝ドラ女優・葵わかな)

 

 

本当はここから、なんでエビ中++やめてスターベガスにしちゃったの?って話しようと思ってましたが、こころちゃんが可愛すぎてそんなこと書ける尖った心ではなくなってしまったのでやめておきます。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170611220011j:plain

 

はぁ、こころちゃんに悪戯されたいよぉ。

 

 

しゅきしゅき。

さくら学院の曲にはBGMとしてお世話になっております。

昨日のエントリー

 

 

ここにこんなコメントが。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170607202356p:plain

 

以外?意外?←

 

 

意外ですかね、そうですかね、嗜む程度ですよ、嗜む程度。

 

 

さくら学院の曲は耳に優しいんです、そして聞き飽きない。

 

 

なんででしょうかね、さ学の曲が耳に優しいのは。

 

 

ひとつの理由に行きつきました。

 

 

 

 

 

合唱曲系統だから。

 

 

 

多分これが理由です。

 

 

無駄な作りこみがなく、単純な音階音調だから耳に優しいんです。

 

 

一番好きなさ学曲は、自己紹介曲?の「目指せ!スーパーレディー」なんですよね。

 

 

持ってる音源が2014年度、あとはゴニョゴニョされてるってか普通にアウトであろうサイトに2015年度・2016年度のがあったので”試聴”してます(オンライン環境でとは言っていない)

 

(ついで言っちゃうとエビクラシーもupされてましたね、はい。)

 

 

「目指せ!スーパーレディー」は3Bjuniorで言う「ひとつよろしくどうぞ」的な曲です。

 

 

年度ごとに分かれてるのは、さ学が”成長期限定ユニット”だから。

 

 

義務教育卒業とともに卒業が必須らしいので、メンバーの入れ替わりが激しいみたいです。

 

 

なので、残念ながら2014年度の音源に入っているメンバーは、この時小等部6年?の岡田氏と山出氏のみ。

 

 

とき宣のひとちゃんとそっくりと有名?の黒澤氏は15年度の音源から登場しているので、そこで編入?したんでしょう、詳しくは知らないですけど。

 

 

いいんです、詳しく知る気はありません。

 

 

倉島ちゃんに消されたいだけのヲタクですから。

 

 

※ソース

覚えてくれないと消しちゃいますよ

(目指せ!スーパーレディー 2014年度より引用)

 

 

 

マジシャン倉島についていきます。

 

 

 

 

と思ったら卒業してる…

 

 

 

 

 

ってことで今後もさ学さんにはBGMとしてお世話になります~

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170607221105j:plain

 

 (抽出までしてるから末期)

私立恵比寿中学「エビクラシー」  特に書く気力が起きなかったが、「制服”報連相”ファンク」は藤井ユーイチから川上アキラへのメッセージと捉えている

 先週発売し、オリコン週間1位を獲得した私立恵比寿中学のアルバム「エビクラシー」。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170606194237j:plain

 

 

それなりに良曲あるし、悪くないアルバムです。

 

 

特に私が好きなのはアルバム最終曲(11曲目)の「フォーエバー中坊」です。

 

 

今期のBGMにしたい楽曲ランキング上位にくる曲です。

 

 

最初に聞いたとき、っていうか、何回も聞いた今でもそうだけど、FAXの音にしか聞こえない!

 

 

曲頭の巧妙な和音がモロそれなんですよ。

 

 

この和音は決してきれいじゃない、けど不協和でもない、微妙なラインをついているのがとても絶妙。

 

 

曲全体でどうですか?って聞かれたら、上の下って感じですね、ずば抜けていいわけじゃないけど普通に良曲。

 

 

 

じゃー「フォーエバー中坊」以外は?と聞かれたら、うーん、10曲目の「春の嵐」は変拍子っぽい曲頭だけど、結局4拍子でとれちゃうし、曲頭以外で変拍子っぽいリズム使ってないから微妙。

 

 

運営猛プッシュのメッセージソング(?)「なないろ」は私は大嫌いなので、コメントを控えさせていただきます。

 

 

運営2推しの感情電車は、曲尾の音が警笛っぽい音になってるけど、音の重なりをここまで計算してないだろうからノーコメント。

 

 

5曲目の「コミックガール」は、(特に初回限定のソロver.で顕著だけど)「ぁぃぁぃすごいね」で終わってしまう、次に進むきっかけを持たない曲だから惜しい。

 

 

そして何かと高評価の9曲目「藍色のMonday」は、すんなり入りやすすぎて”聞いた感”が薄い、目立たないBGMって感じで終わってしまう。

 

 

それはそれで評価してもいいかもしれないが、これを評価するなら、「なないろ」のキモいほど考え込まれた詞みたいなのをこの曲に乗せたときです。

 

 

気持ち悪い作りこみを、このすんなり入ってくる音で帳消しにする、これやってたら文句なし満点だったと思います。

 

 

1曲目の「ゑびすとてたまわんせむ」は導入だから成り立つ、曲単体を取り出すと、凡。

 

 

4曲目「紅の詩」・6曲目「さよならばいばいまたあした」・8曲目「君のままで」は可も不可もないというのが正直なところ。

 

 

 

はっきり言って、このアルバムは75点モノです。

 

 

期待はさほど裏切らないけど期待以上にはどうにもなってくれなかったね、というところです。

 

 

こればっかりは私の期待値が高すぎたからか?

 

 

 

 

しかし本命の2曲目「制服”報連相”ファンク」が残っていました。

 

 

この曲は私個人的にはさほど好きじゃないです。

 

 

しかし、この曲の

 

報告!連絡!相談!基本!

人として当たり前だ!!

 

のところにどうしてもメッセージ性を感じてしまう。

 

 

 

この間こんなエントリーを書きました。

 

 

そのせいってのもあるかもしれないけど、私にはどうしてもこの曲が藤井ユーイチから川上アキラに向けたメッセージソングであるとしか思えないんです。

 

 

藤「川上はん、いくら理事長相手とはいえ、報連相は大事っすよ…なんて面と向かっては言いづらいな…」

 

 

って構図がどうしても頭に浮かんでしまう。

 

 

あくまでも私の思いこみで、実際はこんな理由で書かれてるわけじゃないと思いますけどね。

 

 

ましてやこんなブラックなメッセージを含ませるなら2曲目に置かないし()

 

 

でもやはり私には(ry

 

 

この辺にしときます。

 

 

 

エビクラシーは過大評価されがちだけど、一歩引いてみるとどちゃくそいいなんてもんでもないですからね。

 

 

 

 

しかし、こうやって言ってはきましたが、思うことがひとつあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

リッタンナカヤマはガチな方で世界平和を創れる

 

 

 

 

 

 

なんかリッタンナカヤマの声を聞いてると私の荒々しいひねくれた心も浄化される感じがします。

 

 

あの子ってもしかして超能力師…?

 

 

ぽーとみれい推しだけどカホリコで推しちゃおっかな…

 

 

 

 

 

 

 

 

…と、言いつつも最近は専らさくら学院の曲聞いて浄化されてます。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170606203338p:plain

6/4 桜エビ~ず8thワンマンライブ 1部水春生誕・2部梅雨テーマ  「脱・スターダスト」に向けた第一歩

代官山ユニットで行われた桜エビ〜ずのワンマンライブを見てきました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170604195609j:plain

 

 

 

今回のワンマンの1部は水春の生誕祭、2部は梅雨がテーマでした。

 

 

2部のタイトルの「アメ・あめフレーフレー!もっとエビ~ず!」は芹澤もあ考案だとか。

 

 

 

フラスタも階段中ほどに置かれていました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170604195914j:plain

 

 

 

 

さて本題のレポを、まずはセトリ。

 

 

セトリ

f:id:tokyu_kawagoe:20170419212102j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170605123607p:plain

 

 

 

1部は先述の通り水春の生誕祭が行われたわけですが、生誕ソロは中森明菜のDESIRE~情熱~をカバー。

 

 

初期のワンマンでソロ曲を歌ったときも中森明菜の曲を歌ったらしいです。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170605125034j:plain

 

 

何色のサイリウムかなと思ってましたが、白でしたね。

 

 

水春本人には水色に見えていたみたいですが()

 

 

生誕衣装は和服を着崩したようなもので、水春母作だとか。

(どうでもいいがミズハハハってハが連続してるなw)

 

 

いろいろこだわっている様子がうかがえました。

 

 

 

そして、特筆すべきは「揚げろ!エビフライ」のカバーです。

 

 

エビ中カバーするってだけでわざわざ?」って言われそうですが、この曲がタオル曲であることがその理由です。

 

 

今まで桜エビには盛り上がるといったらオスグッド・コミュニケーションあるいははっぴースキップ☆ジャンプあたりが主軸で、盛り上がりの面では不十分でした。(そこがいい面でもある)

 

 

しかし、ここでタオル曲がセトリに入ることで盛り上がりのバランスが取りやすくなる。

 

 

桜エビの情報が最も簡潔明快にまとまっているWikipediaパイセンを見る限り、これが初披露っぽいから、今後に期待ですね。

 

 

とはいえ、あくまでもカバー曲だから、持ち曲が9曲ある現状で、フェス系出演のときにカバーするかと言われたら、うーん。

 

 

だから、次のCDでは(敢えてCD-Rって書いてないよ!)タオル曲入ってくれればセトリのバランス取りやすくなるだろうし、幅も拡がるから、結構ガチな方で必要だと思ってます。

 

 

 

 

あとは、万華鏡キラキラを2月のワンマンぶり?にやってくれたのがもう幸せでしたね。

 

 

あの曲の映像を(今度こそ)上げてほしいところです。

 

 

なにせ前回は川瀬の意向でupしなかったらしいですから。(ミスったのを上げられたくなかったとか何とか、詳しくは知らんが)

 

 

 

 

なにはともあれ今回書くべきは2つあるんですよ。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170605213220j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170605214741j:plain

 

 

そうです、新衣装です。

 

 

今まで白を基調とした衣装をまとっていましたが、今回の新衣装はなんと黒!

 

 

しかも(もあちゃんを除いて)へそ出し!

 

 

特に茜空と川瀬あやめのへそ出し度はハンパないです。

 

 

これには賛否両論あると思います。

 

 

私は、いい印象は持っていません。

 

 

これ以上は言わないでおきますが。

 

 

 

 

そして、2部の終演時挨拶のタイミングで校長が乱入してきて、告知をしました。

 

 

「スタダは色分けとかわちゃわちゃしたグループばっかですが、色分けなんて糞くらえ!脱・スターダストを目指します!」と宣言w

 

 

この場合の”脱・スターダスト”とは、

 

 

こういうことではなく、

 

 

こういうこと。()

 

 

そして、方向性は”カッコイイ系”にするとのこと。

 

 

そのために、新ロゴを作成!

 

 

今までのが\さくらえびーず!/だとしたら、新ロゴは「サァクラエビィーズ」って感じです。(水春談)

 

 

今のところ新ロゴはどこにも上がってないですが、上がったらチェックしてみてください。

 

 

 

 

活動2年で変革期を迎え、今後の成長と進展がとても気になるところです。

 

 

が、残念なことに、次のワンマンが9/2。

 

 

あ、そうですね、書き忘れてた。

 

 

次回のワンマンは9/2 横浜ベイホールでの開催が決定しました。

 

 

そしてその9/2、私事ですが、文化祭と被ってるのでどうあがいても行けないのです。

 

 

悲しきかな。

 

 

その分桜エビの30倍以上の客集めるもんね!(プンプン)

 

 

 

このブログを読んでいるそこのあなた!

 

 

土曜日は桜エビを見に横浜へ、日曜は川越まで来てくださいよね!!!!!!

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170605222516j:plain

3Bjunior運営のやる気のなさはリーフシトロンのラジオ出演に顕著に表れている。  公野の故障離脱も然り。

先日書いたこのエントリー

 

 

こいつがいつも以上に読まれているので、この際3Bjunior運営のやる気のなさについて、前に書いてそのままお蔵入りさせていたエントリーに加筆修正して出しておきます。

 

 

 

もうこの話題は1か月半前のことで、話題としては古いんですけどね。

 

 

 

4/16に3BjuniorリーフシトロンNACK5日曜夕方の番組・カメレオンパーティー(以下 カメパ)にゲスト出演しました。

 

 

カメパはロッカジャポニカの番組・目指せてっぺん!しゃべろっか ジャポニカを有する番組です。

 

 

多分そのツテで出演したんでしょう。

 

 

↓出演部分を録音して上げてありますので聞いてみてください。

 


 

 

そもそもカメパ自体去年だかの大改変でできた番組、過去にあった〜IDOL SHOWCASE〜 i-BAN!!とかの枠の番組です。(4月期改変で野球中継のため16時枠に移動したが)

 

 

パーソナリティはクセが強い土屋礼央と、ほんわりした雰囲気の佐々木もよこ

 

 

強い口調の土屋礼央をいい感じに流しつつ上手くやりこなす佐々木もよこは、まるで平日昼間のGOGOMONZの横田かおりのようだ。(横田かおりは何度か前の改変で産休だかで卒業したが)

 

 

要はリーフシトロンに三遊亭鬼丸がダル絡みしてるのと似た構図が出来上がっていたということ。

 

 

この時点で面倒なにおいがプンプンしてきますが、まぁ実際そうだったわけです。

 

 

ただでさえ野球中継延長でカメパの開始が遅れて番組がゴタゴタしてる中、まぁまともな打ち合わせはしてなかったんでしょうね。

 

 

結局結論から言うと、何のためにゲスト出演したのかが全く理解出来なかったです。

 

 

そもそも何のためにゲスト出演するのか明確ならもっとしっかり打ち合わせするでしょ。

 

 

それすらないから結局伝えるべきことすら伝えられないまま終わったわけです。

 

 

敢えて本なしのフリートークをさせるとしても、”こことここだけはマストね”っていうのがなきゃグダグダになるのは確実ですから。

 

 

この時、すべきだった告知も曖昧なままで終わってます。

 

 

まず、そもそも4/1の話をすべきだった。

 

 

4/1にどんなライブをして、どうだった、とか。

 

 

「3Bのライブはこういうライブだよ、4/1はこんなライブをして、次はこういうことするから、見に来てね!」

 

 

っていうのがあるべき姿。

 

 

実際4/1のライブは決して悪くはなかったし、4/1のライブを振り返って語れば多少は効果があったでしょう。

 

 

 しかし、4/1の話をしないだけでなく、肝心の告知をあっさり終わらせていますからね。

 

 

5/5の定例については「山野ホールでやります」程度、土屋さんが銀座のほうと間違えて話を発展させづらかったのかもしれないけど、告知はガツガツいかないと。

 

 

あとはフェス出演と3Bのシングル・アルバム配信について程度です。

 

 

これもあっさりで終わり。

 

 

 

もう一度言います。

 

 

やる気ないよね?

 

 

 

せっかく首都圏全域に飛んでる電波に声を乗せられたんですよ?しかもFM聴取率首位を争う局の電波ですよ?もったいない。

 

 

 

 

 

 

もっと言うとこれだって運営に落ち度があったことがひとつの原因だと思ってますよ、私は。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170602205642p:plain

 

 

クッソ重くて見づらいHPを開くのも面倒だと思うんでスクショ貼りますけども。

 

 

疲労骨折って、ダウンタウン松本人志くらいしか聞いたことないですよ()

 

 

彼は”筋トレのしすぎ”で疲労骨折したみたいなことを何年か前の某年末特番で言ってましたね。

 

 

いくらやりすぎったって、じゃーなんで他の人は疲労骨折しないの?ってわけで、簡単な話、ケアが足りないからだと私は思います。

 

 

私自身、一応小3~中3まで軟式野球やってて、何度もケガしてるから、ケガをしない人とどう違うかはある程度心得てるつもりです。

 

 

現役で高校野球の選手やってる友人は、ここまで大きなケガなく昔から活躍してきてますが、彼はなにせ体が柔らかい、そして、練習後・試合後のストレッチを怠っていませんでした。

 

 

結局柔軟性とケアがものをいうわけですが、そうは言っても私のように性格がひん曲がっていると「いいや時間もったいないし、風呂と睡眠で自然回復だっ!」ってなるわけです。

 

 

これはケガに繋がります(マジで)

 

 

 

公野氏も、推測するに、事後のケアを入念に怠ってなかったのでは?

 

 

というか、20人を超える大所帯だから、もしかしたらそういうところは各自に任せきりにしているのかもしれませんが。

 

 

でもねー、売り物壊れちゃったら売れないんだよ。

 

 

よくいる売れない地下の運営はアイドルを道具にしか思ってないと私は認識してますが(地下disとかではなくイメージ)、それに近い状態になると”堕ち”を意味しますね。

 

 

体調管理に関しては、流石に3食全部管理して、とかやってられないし、そこまでの管理下に置いてしまってはお互いの士気だって下がってしまうから、そんなことをしろとは絶対に言いません。(あまりにもファストフードばっかりで健康を害すならアドバイスはするべきだが)

 

 

ただ歌うだけだとしても、喉のケアは必要だし、例えば声が嗄れるレベルに喉に負担がかかっているのなら、所謂”声帯のマッサージ”をすべきです。

 

 

アイドルの場合、歌にダンスも加わります。

 

 

時には激しい動きをすることもある。

 

 

だから、ストレッチは、マジで大事。

 

 

 

…って体カッチカチに硬い人に言われても説得力ないんだろうけど、もうこれ以上”故障者”は出さないでほしい。

 

 

体調が…っていうんなら無理はすべきじゃないが、それ以前の防げるリスクは確実に回避すべきです。

 

 

 

まぁ多分、やる気さえありゃとっくにやってるんでしょうけどね、こういうところからもやる気のなさを感じてしまうのはそういうことです。

 

 

原因が他にあるとしても運営やる気ない説は取り下げません。

 

 

やる気あったらユニットをもっとうまく活用できるはずでしょうし。

 

 

ま、人数が減り続ける現状でどう踏ん張るのか、じっくり傍観することとします。

 

 

 

 

 

まじでそろそろやる気出して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170602205143p:plain

 

Chromeのおすすめ記事になってるみたいですね()

 

 

いいんだか悪いんだか()

私立恵比寿中学「エビクラシー」リリース日 リリイベ”エビクラシーゲーム” @タワレコ新宿(小林歌穂)  ぽーちゃん背高いな思ってたより

本日は私立恵比寿中学のアルバム「エビクラシー」の発売日。

 

 

リリース日に都内4か所で”エビクラシーゲーム”なるイベントをやってました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170531212313j:plain

 

 

一応、真山・星名の池袋以外の3か所は見てきました。

 

 

実際に参加したのはタワレコ新宿の小林歌穂の”エビクラシーゲーム”のみですが。

 

 

エビ中を生で見るのは初、ロボサンの時からずっと遠い存在だったエビ中をこの目でやっと見られる!と、もうそれはそれは舞い上がってました。

 

 

おかげで特急にも課金して”他のヲタクに差をつけろ”をしてしまったレベルです()

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170531212454j:plain

(結構この写真絵になってると思うんだ)

 

 

 

本題の”エビクラシーゲーム”なんですが、流石にヲタによって格差が生まれすぎのイベントでした。

 

 

そもそも”エビクラシーゲーム”ってなんぞやって話なんですが、公式がざっくりまとめてますのでコピペ。

 

【イベント内容】
・メンバーとの「エビクラシ-・ゲーム」
※「エビクラシー・ゲーム」とは、エビ中各メンバーとどれぐらい発想が合うかを試すゲームです。

 

<ゲームの進行>
1.現場スタッフが親になります。
2.親がお題を決めます。例:赤い物
3.お題から連想されるものを、メンバーとお客様がその場で紙に1つだけ書きます。
4.スタッフの合図で、メンバーとお客様同時に記入した言葉を発表してもらいます(紙を掲げて頂きます)。
5.メンバーと同じ答え(言葉)を記入しているお客様には、メンバー手書きの色紙をその場でお渡しします
※メンバーのサインはございません。あらかじめご了承ください。

 

 

要はお題をスタッフが出して意思疎通できるか試される精神向上(?)イベントです。

 

 

そしてそのお題にも当たり外れがあります。

 

 

ある人は「SMAPといえば誰?」というお題、ある人は「吹奏楽といえば何の楽器?」というお題、これ比較的当たりだと思います。

 

 

しかし、とことん苛められた人もいます。

 

 

「洗濯洗剤といえば?」

 

 

…は?洗濯、洗剤…?

 

 

んなもん知るか!

 

 

声を大にして言いたかった、そう、苛められたのはこの私です。

 

 

まずあの天使・ぽーちゃんを目の前にして平常心でいろという方がおかしい。

 

 

平常心を保てるはずもなく、そんな時に出されたお題が「洗濯洗剤といえば?」ですよ?キレかけましたよ。

 

 

皮肉にもスタッフは見覚えのある”あの”桜エビ現場で握手券を回収しておててにアルコール吹きかけるあの方でした。

 

 

それなりに顔も知られてる(これがいいのか悪いのかはまた別)から、「ボールドとか、レノアとか、まぁとりあえず書いてみてください(笑)」と優しく諭され、(これがある意味怖いとか言えない)まぁ堅実に話題に上った最初の”ボールド”を書いたわけですが、ぽーちゃんの回答は”レノア”、無事爆死ですよ。

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/mamacake360/imgs/3/8/389e015d.jpg

 

 

運営しゃんぼくをいじめないでぇ()

 

 

 

 

 

 

というか、 ぽーちゃんが思っていたより背が高いことに驚きました。

 

 

多分今まで特典会で話したアイドルのなかで一番背が高いかもしれません。

 

 

次点はたこ虹のまいまいかな?

 

 

背が比較的高いことは知ってましたが、いざ目の前に立つと尚更感じます。

 

 

目線の高さの調節に苦労しなくて済むの気楽です()

 

 

これならセルゲイも背の高さを気にしなくて何の問題もないですね!()

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170601055208p:plain

 

 

 

 あっでもこう見るとりったんもそれなり背が高いってことですかね…?

 

 

リッタンナカヤマも最近可愛いと思うようになってきました。

 

 

恐るべしオタクィーーーンイングリッシュ効果…

 

 

オタクィーーーンイングリッシュのことはまた今度書くよ~~~~

 

 

We can change the world with Otaqueeen!

 

(書いてる途中寝落ちして何書こうと思ってたか忘れたから最後グダグダ)

面白くない、ごもっとも。でも反論させてもらいます。

端的に、簡素に書きます。

 

高校生ななよんくんのアイドルブログへのダメ出し - アイドル見るのが呼吸

 

 

と、直近の低質なエントリー引っこ抜かれてはモロにダメ出しを食らってます。

 

 

いや言われてることは正論です。

 

 

でも、言い訳がましいけど反論をさせていただきます。

 

 

 

一、4月-5月って繁忙期なんです

 

繁忙期にどうにか最大限時間かけて書いてますが、流石に限度というものはあるので、質の底上げがまともに出来ないまま放出してるからというのがひとつの理由です。

 

 

一、ライブレポには賞味期限ってものがある

 

これは私がこのブログを書いてる中で結構気にしてることであり、私がこのブログを書く上での理念です。

 

私はあくまでも当日中に上げることを最大限こなそうと思って書いています。

 

それでも書ききれない場合は翌日に繰越してます。

 

5/27 桜エビ〜ず @JAM・ZeppDiverCity 「ZeppTokyoじゃないよ、ダイバーシティだよ」 - 東上急行電鉄 郭町乗務管区

 

直近だとこれなんかその例です。

 

 

一、手段と目的は明確にあります

 

新聞形式にはメリットがあります。

 

・1つの中に情報が集約している

→記事のレイアウトには意味があって、例えば一般紙であればX型といって、右上→左下→左上→右下といった順、あるいは逆Z型といって、右上→左上→右下→左下といった順、と、読ませたい順に読ませることができます。

つまり、記事の配置で見せたいところが定まってきます。

現状では1つの事象に対して1面を用い記述していますが、今後は複数事象を1面に集約して記述する予定です。

あくまでも現行のものは模索のための先行試作といった扱いなので。

 

・画像が独り歩きしても中身は生き続ける

→ブログの文章をスクショなりコピペしても引用元のurlでもないとその文章は一部分の切り抜きだから死んでるも同然だからです

 

・事実記述のみでも成立する

→正直言って、感情表現をする文章を書くことが苦手です。所謂、形容詞の語彙力が足りないこと、それから圧倒的知識量の少なさが原因です。

これを打開するものが“事実記述”であり、はっきり言って逃げではあります。

自覚してるけどこうでもしないと書くもんも書けなくなるんで。

その分知識の及ぶ範囲ではそこを大きくすることで均衡を図っています。

呼吸さんほど文章力のある人が見たらすぐバレる書き方だけど、ネットサーフィンしてて読んでくれるような人は流し読みしてるわけだから、文章を流すことを主眼とするのが書くのにも楽ですし。 

言葉にはリズムがあるので、流れが大事だからです。(だから逆を言うと読む流れを止めたい時は接続詞を多用してリズムを狂わせるんです。)

あくまでもこれは私なりの書き方ですけど。

 

 

あ、それから、画像だと検索で引っかからないということに関しては、実は白横細長の画像を前だか後ろだかに置いていて、そやつの中に文章情報をぶち込んで無効URLを使ったSEO対策をしています。

 

画像のデメリットを打破することは考えた上で実行しています。(だから企画から実行までに時間を要した)

 

 

私自身、一報道に関わる人間として2年間突っ走ってきました。

 

なんだよ、高校新聞程度かよと言われそうですが、高校新聞をナメてもらっては困ります。

 

高校新聞にも野球で言う甲子園と同様に、“全国高等学校総合文化祭 新聞部門”というものがあり、これが新聞部のインターハイに当たります。

 

全国の高校に新聞を作っている“新聞部”や“新聞文芸部”、“広報部”、“メディア部”などといった媒体があり、特に北海道、神奈川、そして埼玉の3道県はレベルの高い媒体が集まっています。

 

そんな中、埼玉県新聞連盟の年間紙面審査で上位に入賞し、全国に現在4年連続で出場させていただいています。

 

私には私なりの一報道に携わる人間としてのプライドと責任を持っていて、事実記述の面では特に、このブログにもその考え方を持ち込んでいます。

 

最近よく「30年くらい前の過激な記事がない」といった指摘を同級生からなされます。

 

過激なことは書いても上からの圧で消されるんです。

 

ここでいう上とは顧問であり、教員、つまり地方公務員です。

 

現在、県教委はじめ奴ら公務員どもは生徒の利益を考えず、自己の労働環境を最優先とした思想への統一をしています。

 

そのいい例が下校時間の繰り上げです。

 

勉強時間の確保という大義名分の下に、業務時間の短縮を図る奴らを見ていて呆れています。

 

勉強をするために遅くまで学校に残っている生徒までもが早期帰宅を余儀なくされています。

 

そして、これは数年以内に更に悪化するようです、これは詳しくは事情により書けないですけど。

 

そもそも何故学校教育の現状をこんなアイドルブログで持ち出してるのか、それは現在の学校教育では、まるで量産されたような生徒を生み出すことこそが正とされているからです。

 

これは現代の社会の縮図です。

 

というか学校自体が社会の縮図なんです。

 

結局は権力者に屈して肩身の狭い思いをして生きなければいけない世の中なんです。

 

そして現在の学校教育では肩身の狭さすら感じない人間を養成しています。

 

そしてそれをロボットのように量産しようとしている。

 

これとアイドル界隈とのなんの繋がりがあるかというと、ヲタクも似たような生き物だからです。

 

いくら現場主義を嫌っても、現場では現場主義がまかり通っているんです。

 

どう逃げようったって無理なんです。

 

初期からいるヲタクに合わせることが何よりも生きやすい世界なんです。

 

でも、私はそんな世界が嫌いです、ひねくれてるから。

 

だから他の誰かがやらないようなものを吹き込むことで改革とまでは行かずとも、少しでも生きやすい世界を作りたいんです。

 

呼吸さん、あなたのブログに感銘を受けたのは、周りに左右されない芯のあるブログだからです。

 

しかし、それとエロを混同することは最大の過ちだと思っています。

 

それこそ何の利益も生まない不毛なものです。

 

先日の猪瀬氏のパソコンのブラウザのブックマークにxvideosがあったことで話題になってましたが、世の中ではエロに金を使うことは惜しまれているわけです。

 

例えばこれが、「金を払ってAVを見なさい」という風潮なのであれば、エロに金を使うことが当たり前であり、エロのために金を使うことが合理的であると認識されます。

 

しかし、現実はそうではない。

 

「売れさせる」ことに繋げるには経済的に投資する価値があるか否かを見定めさせ、如何に投資させるか、が最も合理的で、正攻法です。

 

はっきり言います。

 

 

今のバカしかいない世の中で金を使わせるには実際に見せないと不可能です。

 

 

アイドルなんて麻薬と一緒です、覚醒剤と一緒です、危険ドラッグと一緒です、中毒性の極めて高い、そういうものです。

 

ならば何をさせればいいか、経験させるんです。

 

事実記述に拘る理由は、その事実に基づいて、不明瞭な部分を自己解決させる経路を示し、その過程で経験させることが根本にあるからです。

 

相当時間をかけて幼稚園児でもわかる文章にしても、ふーんで終わりになる、だったら深読みさせればいいじゃない、私はそういう考え方です。

 

確かに文章力がないことを正当化しているだけかもしれません。

 

でも、勘違いして欲しくないのは、生半可な気持ちでやってるわけじゃないということです。

 

 

 

 

 

最後に、Twitterなんてやる前はLINEに引きこもってたんで、正直前と変わってないです。

3Bjunior運営の問題点は諸々あるが、じわりじわりと改善されてきている現状でキレるファンが謎

運営が無能こと3Bjunior

 

 

今日、とんでもないことが起こりました。

 

 

 

 

なんと、身内からことごとく言われていますww

 

 

理事長といえばスタダのお偉いさん。

 

 

専務取締役、社のナンバー3みたいです。

 

 

そんな理事長から”火だるま”と呼称された3B運営w

 

 

しかし、こんなことで終わらないのが3B界隈なのです。

 

 

 

 

ぐう正論です。

 

 

3Bjuniorブログアップがこれでもかってレベルに遅いことでも有名です。

 

 

余裕で数日放置することもあります。

 

 

私もスタッフの増員はできるものならすべきだと思ってます。

 

 

しかし現状どこも人手不足に悩まされていることは確かです。

 

 

 

 

こればっかりはほんとに心の叫びとも言っていいでしょう。

 

 

たこ虹、ばっしょー、とき宣、どこも人手不足、3Bに人員割くなら、私ならまずたこ虹から増強するでしょう。

 

 

たこ虹は今順調に軌道に乗っているところですし、スタッフの事情で流れをあっさり止めてしまうのはもったいないからです。

 

 

次に増強するならとき宣でしょう。

 

 

ばっしょーはビクターの人が多方面で協力してくれてるみたいですし、それならとき宣を先決にした方が効率的です。

 

 

その次にばっしょーを増強ですかね、ビクターに頼りきりになっても手間かかるからって飼い殺されては意味がないですし。

 

 

3Bは二の次どころか六の次くらいレベルに後回しにされてもおかしくありません。

 

(蛸鯛宣の次に来るべきは東北産とかであって、3Bではないですしw)

 

 

 

確かに言いたいことは十分わかります。

 

 

現時点でパンクしていることは紛れもない事実です。

 

 

しかし、論点が違う。

 

 

5.6人のグループと20人近くいるグループを一緒に考えられても困りますわ。

 

 

いやね、(理事長に代わって?)マジレスしますよ、

 

 

メジャー組と非メジャー組を一緒に考えられても困りますわ。

 

 

メジャー組が人手足りませ~んって言ってるときにメジャーデビューすらしてない、それどころか売るつもりがあるかわからない、方向性が不確定なところに投資できるわけないじゃないですか。

 

 

あくまでもサービス業なんです。

 

 

売れなきゃ切り捨てるしかない、しょうがないんですよこればっかりは、人気商売だから

 

 

でも簡単に切り捨てられるわけもないからどうにか売ろうとする、それが運営のあるべき姿。

 

 

3Bに関しては売ろうとする姿勢が見受けられないのでまたこれとは別かもしれないですけどね。

 

 

クレームが云々って言ってますが、サービス業にクレームはつきものです、こればっかりはやってみてダメなら改善していく、こうする他ないんですよ。

 

 

クレームのないように堅実に物事進めてたら変わるもんも変わらない、衰退に繋がるんですよ。

 

 

いちど3Bの目安箱ご覧になってはいかがですか?

 

 

これに関しては“理事長が見せてもらう”のでなく、3B運営から“理事長に見せる”べきものです。

 

 

本来は見せる必要すらないはずのものですが、あれだけ運営に重大欠陥があるなら、相談するっていうことも必要ですから。

 

 

組織、ましてやスタダほどの規模の大きさで相談がなされないって、改善する気がないって言ってるようなもんです。

 

 

 

 

まずはこういう評価を覆すことからすべきなんですよ。

 

 

 

 

そもそも理事長のツイートを見ていると、隔週で各運営と定例会議をしているみたいです。

 

 

 

 

理事長が定例会議に出ていない所からの報告は遅い、とはいえエビ中の報告はちゃんと受けてるみたいですし、こればっかりは各運営の報告があるか否かに委ねられてるわけですが。

 

 

桃や3Bの川上陣営、エビや桜エビの藤井陣営、各陣営のトップ(川上さんと藤井校長)の手腕が信用されているから理事長が会議に出ていないってことなんだとは思いますが、じゃあ藤井陣営と川上陣営の違い is?

 

 

私には報告する気があるかないかってところの小さな違いが繋がってると思えます。

 

 

で、じゃーなんで理事長にキレるの?ってことなんですよ。

 

 

理事長のところにはなかなか情報が入ってこないってのに、なぜあたかも理事長にも問題あるだろ的な考え方が生まれる?

 

 

てかそもそも最近の3Bjunior運営はじわりじわりではあるものの改善されてきてます、これタイトルにも書きましたが。

 

 

定例のスケジュール発表、メンバーの欠席状況など、最近気持ち悪いほどに早いんです、情報出すのが(いや本来この速さが当たり前なんだが)

 

 

なのになんで?ってことなんです。

 

 

「っぇなんで?(CV.鈴本美愉)

 

 

なんです。(元ネタ:二人セゾン 鈴本個人PV)

 

 

 

 

 

 

結局はこういうことなんですよね、現実は。

 

 

 

 

そろそろ現実見ようよ、ヲタも運営も。

 

 

運営がやる気出して、ヲタもそれに触発されて奮起して、っていう構図がいつになったらできあがる?

 

 

運営はまともにやる気ねーしヲタもネガティブな感情しか抱けない現状なんだもん良い方向に進むわけないじゃん。

 

 

運営どころかヲタも火だるまだよ。

 

 

改善策はユニットごとに完全分断することしかないですね、もう。

 

 

12月のライブでバトル投票形式やってましたが、票数も公開しないヤラセの方式をやめて、その場で開票するとかにして争わせないとだめです。

 

 

特にはちみつロケット、あそこの向上心のなさはぬるま湯に浸かっているから故、可愛い子には旅をさせよ、だから荒波にもまれてこいと言いたい。

 

 

運営は”可愛い子”ではないけど荒波にもまれてください、そしてこの調子で改善続けてください。

 

 

ヲタはじっくり見守る他ない。