東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

欅坂46 4thシングル選抜発表

欅坂46の4thシングル選抜発表がありました。

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/3/b/3bf0543d-s.jpg

 

 

 

キャプは

 

こ↑こ↓から。

 

 

 

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/a/5/a5c18cd1-s.jpg

 

4/5、去年の翌日がデビューの日です。

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/1/d/1d58bb77-s.jpg

 

今回も21人選抜。

 

 

この時点で嫌な予感プンプンです。

 

 

 

澤部が「ひらがなの子が入る可能性もあるからね」と言ってはいたけどもしそうならひらがなメンをスタジオに呼ぶだろうし、全員選抜確チャンです。

 

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/1/6/1605a156-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/2/e/2e6d8184-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/c/b/cb444f28-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/e/4/e4c16633-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/3/2/32a81c3f-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/3/7/37864b5b-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/5/c/5ca1394d-s.jpg

 

 

以上が3列目。

 

 

https://cdn.geinou-news.jp/item_images/images/000/027/550/medium/d5a7753b-b981-4307-8532-e4c715734db4.jpg?1467019150

 

 

2ndの3列目ー(オダナナ+うえむー+なーこ+よねさん)+ハブさんって感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

前回(3rd)の選抜は何だったんでしょうか。

 

http://toriizaka46.jp/wp-content/uploads/2016/10/king398527.jpg

 

 

前回フロントのうち4人は3列目ですよ。

 

 

私には使い捨てのようにしか捉えられません。

 

 

全員1度はフロント経験させておく、という考えがあるならば石森はなぜフロントに来ないのかって話になるし、私であればフロントの裏返しで3列目も経験していいんじゃないかなとも思うんですよ。

 

 

まぁこれは全員選抜をする場合に限りますけど、全員選抜は今すぐにでも辞めるべきですが。

 

 

 

 

 

 

 

はい、次に2列目。

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/7/2/72e97ab8-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/e/9/e9e423ac-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/1/d/1d84b533-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/c/0/c0a23d61-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/2/9/2948179f-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/7/c/7c3e25b9-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/1/b/1bc8a8f2-s.jpg

 

 

 

フロント格が2列目に。

 

 

鈴本志田が2列目なのが個人的には残念です。

 

 

ゆいちゃんずとべりかべりさ(Wワタナベ)とがシンメトリーになってるとか言われてるけど、2列目下げたらそうできそうだったからそうしちゃおうって感じとしか思えない、遊んでるのか?

 

 

意味があって組んでる選抜にはどうしても見えない。

 

 

いやでもフロントは少しは違うかな…?

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/e/c/ece778a2-s.jpg

 

 

なーーーこーーーーーーーーー!!!!!!!!!

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/9/d/9dc950c4-s.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/8/3/83f73682-s.jpg

 

 

私はなーこがフロントでとっても嬉しい。

 

 

そして頭が空っぽで呆然としてるなーこも好き。

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/4/f/4fcb3126-s.jpg

 

 

そしてよねさん、嬉しそう、よかった…

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/e/e/eee0d1ca-s.jpg

 

うえむー、知り合いにうえむー推しいるから祝福しておかないと。

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/1/0/108953c8-s.jpg

 

オダナナよ、お主は余計なプレッシャーを感じずにのびのびやってればそれがベストになるはずだから頑張ってくれ。

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/f/4/f4f879dc-s.jpg

 

ねる。いよいよフロント。

 

 

いやいっそセンターでいいんだよ。

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/1/5/15abb1dd-s.jpg

 

菅井様、何の心配もない。()

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/f/1/f10ebcde-s.jpg

 

 

てち…

 

 

日に日に笑顔が消えているのがとても苦しい…

 

 

いつあなたの笑顔は戻ってくるの?

 

 

 

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/0/8/08a1779e-s.jpg

 

 

虹花をどう扱いたいの運営は、謎よほんと。

 

 

 

 

 

 

 

今回うなずけるポジションは長濱ねるくらいなんだよなぁ、感情抜きにしたら、ね。

 

 

そろそろ平手センターは彼女のためにも辞めるべき。

 

 

そして全員選抜も然り。

 

 

 

 

 

 

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/nogizakalove/imgs/9/7/975fdcd5-s.jpg

 

 

選抜は期待もクソもないから、あとは楽曲次第ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お隣乃木坂さんの新曲は私的には微妙ですが。

桜エビ~ずのライバル・いぎなり東北産を敵陣視察Vol.2

桜エビ~ずのライバル・いぎなり東北産。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170223102037j:plain

 

 

3/26の桜エビ×東北産のツーマンライブに向け、絶賛敵陣視察中です。

 


今回がVol.2。

 

 

 

 

前回のVol.1にこんなコメントをいただきました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170224181703j:plain

 

このブログを読んでくださっている方はなんて優しいのでしょうか、こういう情報本っ当に助かります。

 

 

改めて、MITさん、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

さて、紹介してもらったブログを。

 

 

 

なんか所々運営さんっぽい文面がありますが、あくまでもこれファンの方なんですね。

 

 

 

 

 

私が気になったのはこのエントリー。

 

 

 

桜エビ~ずが渋谷でワンマンライブをやっている時、北に300km以上離れた地・仙台で「桜○○丸焼き計画」と題した会議?をやっていたみたいです。

 

 

このことについては桜エビ1部の最後に電話を繋いでいたので知っていました。

 

 

(そういえばこの日のエントリーに電話繋いでたこと書いてなかったな、あっさりではあったけど今思えば結構重要だったな。)

 

 

この電話では

 

(”い”・・・いぎなり東北産  ”桜”・・・桜エビ~ず)

 

 

い「そっちは何人の会場でやってるの?」

 

桜「5000人だよ!!!(大嘘)」

 

い「こっちは20人、濃いメンツしかいないんだよ!!!!!(切実)」

 

 

~~~~~~

 

 

桜(川瀬あやめ)「おーーーーーーーーい!北美梨寧(きたみりね)を出せぇーーーーーーーーーーっ!!!」

 

い(北美梨寧)「もしもし~」

 

桜(川瀬)「この間は洋服ありがとね~♡」

 

このようなグダグダな会話が約5分ほど続きました。(これは正確な記憶ではないので、会話内容はなんとなく、という理解でお願いします。)

 

 

 

その時に東北産がCDを発売することについても触れていたので、CDのことは知ってました。

 

 

あ、私は桜エビ側の人間だけどツーマンの時にこのCDだけは買おうかと思ってます。

 

 

いやその前に桜エビのペンライト買ってやれってね(白目)

 

 

 

 

 

 

さて、紹介してもらったブログの話に戻ります。

 

 

セトリ
1.オスグッド・コミュニケーション(葉月結菜)
2.私を二郎に連れてって(
葉月結菜藤谷美海)
3.未来へススメ!
4.抱きしめてアンセム
5.梅
6.頑張ってる途中
7.ちゃんと走れ!
8.ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL

休憩タイム
Cherie!
※四代目(仙台営業所の小3トリオ=有珠・鶴丸愛莉・仲村虹香)

皆さん今日はありがとうございました❗️〈四代目〉も応援に来てくれました😄 pic.twitter.com/f3WYZ0qx1P

— いぎなり東北産 (@madeintohoku) 2017年2月19日

9.天下一品〜みちのく革命〜
10.天下一品〜みちのく革命〜
11.トリプルセブン(
桜ひなの藤谷美海伊達花彩)
12.私がセンター(
橘花桜ひなの伊達花彩)
13.乙女受験戦争
14.ピンキージョーンズ
15.また明日

 

 

 

いやいや、オスグッド・コミュニケ―ションやったんかーーーい!

 

 

 

↑オスグッド・コミュニケ―ション

 

 

私が桜エビで一番好きな曲です。

 

 

これをソロでやったのか…

 

 

 

 

 

そしてなんだ、”私を二郎に連れてって”って。

 

 

私をスキーに連れてってじゃあるまいし。

 

 

調べてみたらラーメン二郎に行きたくなっちゃう歌みたいですね…

 

 

そういえば今度川越にラーメン二郎初上陸するらしい、けどそんなのどうでもいいか。

 

 

 

 

そして先輩のカバーを挟んで例の天下一品ですか。

 

 

しかも2回連続。

 

 

藤井の時一回聞いてるはずなんだけど、記憶に残ってないぞ…

 

eX勝者・いぎなり東北産

 

1日目1位のいぎなり東北産がそのまま勝ち上がってきました。

 

「みちのくからの 下克上」

 

こんな巻物を掲げてました。

 

ひとつだけ感想を書いておくと、この藤井というステージを最も楽しんでいたのは間違いなくいぎなり東北産でした。

 

これ以上は桜エビとのツーマンライブのあと書こうかなと。

 

 

いやでもこの時は「東北産?ふーん」程度にしか思っていなかったので、当たり前っちゃ当たり前か。

 

 

あとはツーマン後に、って完全に投げちゃってるしね()

 

 

 

 

 

 

そして先輩のカバーで締めると。

 

 

にしてもチームしゃちほこのカバー率高いですね…

 

 

私はももクロと鯱だけは全く触れていない領域なのでほんとにわからない…

 

 

トリプルセブンって聞いて「ん?ボーイングB777のことですか?」って思ったような人間ですから←

 

 

 

 

 

 

東北産を勉強していくにあたってももクロ鯱は避けて通れないのかもしれませんね…

 

 

いや3Bjuniorだってももクロカバーやってるけども。

 

 

 

 

 

 

の前に名前をそろそろ覚えないt(ry

 

 

 

 

 

ここに写真付きで載ってるからこれで覚えていきますか…

 

・律月ひかる(ひかるん)

・湊梨紗(りさち)

・北美梨寧(りねこ)

・葉月結菜(はづゅ)

・安杜羽加(わかりん)

橘花怜(かれん君)

・桜ひなの(ひなもん)

・藤谷美海(みうちゃん)

・伊達花彩(かーや)

最後に全員で

 

 

 

 

あー9人、大変大変。

 

 

 

生で見ればすぐに覚えられちゃうのかもしれないけども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応再確認の意味を込めて。

 

 

 

 

 

 

私は、ロリコンではない。(いやどうだか)

松野莉奈を送る会

松野莉奈を送る会」に行ってきました。

 

 

正直押し寄せる現実が文章にする気持ちを阻害します。

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170225151434j:plain

 

 

パシフィコ横浜上空はなんだか綺麗でした。

 

 

ミラーレスカメラとかコンデジとか使わないでスマホで撮った空の写真の中で一番きれいに撮れたと思います。

 

 

 

会場に着いたのは13;30頃。

 

 

土曜授業とかいうクソイベを消化して、花を買ってから電車へ。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170225184157j:plain

 

 

 

ピンクのガーベラを1輪。

 

 

横浜で買おうかとも考えましたが、相当数の人がそうするだろうから、なくなってたら怖かったのと、そもそも横浜に土地勘はないので、川越で買ってから向かいました。

 

 

花屋さんで「ピンクのガーベラを1輪ください」と言ったら、「プレゼント用ですか?」と聞かれ、「いえ、献花です。」と言ったら、「白のリボンをつけておきますね」と。

 

 

丁寧にガーベラを包んで、リボンをキュッとしめてくれました。

 

 

花屋さんの丁寧な対応だけで、なんか嬉しくてうるっと。

 

 

気持ちのこもった花を、たった1輪ではあるけれど、贈れると思ったらもう嬉しくて…

 

 

その後、本屋でBLT(とついでにTOP YELL NEO)を購入。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170225204731j:plain

 

 

向かう電車で読んでいました。

 

 

 

 

 

 

志半ばで短い人生を終えてしまった彼女、「なんでりななんじゃなきゃいけなかったの?」って未だに思います。

 

 

いや、この気持ちは一生変わらないと思うけど。

 

 

私はロボサンの時にエビ中を知って、そこからエビ中のことが好きなわけですが、1度も実際に見たことがないんです。

 

 

元々エビ中初現場が越生梅まつりのトークショーになる予定でした。

 


↑これ。

 

 

しかし、今回の件を受けてトークショーは中止、まぁ妥当な処置だと思います。

 

 

そして、春ツアーの大宮に行く予定です。

 

 

でもそこにはりななんの姿はないんです。

 

 

7人しかいないステージを見ることになるわけです。

 

 

せめて1度でいいから生で松野莉奈という存在を目の当たりにしたかった。

 

 

でもそんなこと今更言ってもどうにもならないってわかってます。

 

 

今回の送る会は、そういった気持ちを整理する、ひとつの区切りとなるものだと私は認識しています。

 

 

だから行きました。

 

 

 

 

献花台の前に立つまで2時間半近く並んだと思います。

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170225190633j:plain

 

この写真の、正面で献花をさせてもらえました。

 

 

横に10列以上?は並んでいた中で、写真の正面という場所に立たせてもらえました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170225190811j:plain

 

 

この夏だぜジョニーの宣材はご両親のお気に入りの写真だといいます。

 

 

彼女の写真の前に立つ前に、パシフィコ横浜国立大ホールのステージ上に献花台が設けられていたので、このステージからの景色を眺めました。

 

 

彼女が元気に”私立恵比寿中学の出席番号9番”として生きていたら見ていたであろう景色です。

 

 

この会場いっぱいにファミリーがいて、そんな中でステージに立てるって、やっぱりすごいことだなって思いました。

 

 

 

彼女の前で、ガーベラを捧げた後に黙祷し、感謝の気持ちを伝えました。

 

 

なんとなく、微笑んでくれたような、そんな感覚がしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女がいなくなってしまったことは、私立恵比寿中学に、正負どちらかはわからないけど、必ず影響を与えます。

 

 

どう嘆いても彼女が帰ってくることはないから、私はこのことが正の方向に働いて欲しいです。

 

 

7人となったエビ中が、今まで以上に結束して、よりよいものを作り上げていってくれることを期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

松野莉奈さん、今まで本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

明日からは、明るい話題にしっかり戻します。

 

 

さて明日は何を書こうかしら。

お花見デート

私には何年か後に”永遠に結ばれる”子がいます。

 

 

その子とお花見してきました。

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222193958j:plain

 

 

彼女がその時いい写真を撮ってました。

 

 

京急と桜with菜の花。

 

 

彼女はこの場所に行く途中、車内で「京急はイスがフカフカなのが好きなの!」って言ってました。

 

 

そして続いて「あ、もちろん京急のイスよりななよん君のことがだーい好きだよ♡」って言ってました。

 

 

 

彼女の写真を撮ろうとすると顔を隠しちゃいました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222194004j:plain

 

 

まったく、恥ずかしがりやさんなんだから、もう。

 

 

 

 

次はどこに行こうか。

 

 

中華街で食べ歩き?ランドマークタワー登る?

 

 

私は、ちょっと遠いけど横浜でも全然構わないよ。

 

 

会えるだけで幸せだから。

 

 

親の庇護下を離れたら一緒に暮らそうね。

 

 

籍はいつ入れようか。

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170223123246j:plain

 

お前そろそろヤバイぞ

 

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170223183638j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでいいのだろうか…

 

 

とりあえずネタ元は貼っておきますか。

 

↑これです。

 

 

3Bjunior・奥澤村中村優、将来の嫁です。

 

 

嘘です。

 

 

いやそうなりたい気持ちはあるけど、嘘です。

 

 

 

次に中村優と会えるのは3/11の@JAMです。

 

 

私は学年末考査中なので行けませんが。

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170223160312j:plain

 

 

3/23は行くからね、待っとってね。

桜エビ~ずのライバル・いぎなり東北産を敵陣視察Vol.1

桜エビ~ずのライバル・仙台営業所の”いぎなり東北産”。

 


f:id:tokyu_kawagoe:20170223102046j:image

 

 

桜エビと東北産のツーマンが3/26に控えているということで、最近私は敵陣視察をしているのです。

 

 

まずは名前覚えていかないといけないと思って、ブログを覗いてみました。

 

 

 

いやまず各営業所ごとに、じゃなく地方営業所全員が1か所で書いてるんですね…

 

 

せめて各営業所ごとにブログ建ててメンバーごとにカテゴライズしてあげてほしいもんです。

 

 

 

 

 

 

で、この子可愛いとかそういうの以前にどうしても気になってしまったことがあります。

 

 

パソコン版だとどこに表示されるのかわからなかったのでスマホ版ですが、

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170223094154j:plain

 

↑これ、「男性タレント部門」で部門分けされてます。

 

 

 

 

 

いやいやちょっとまてーーーーーーーーーーい!!!

 

 

いぎなり東北産は男子のグループなんかーーーーい!!!

 

 

いぎなり東北産どころかその他の営業所のグループの子も男子なんかーーーーーーーい!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 
f:id:tokyu_kawagoe:20170223102354j:image

 

いぎなり東北産はれっきとした女子のグループ。

 

 

 

 

じゃーなんで「男性タレント部門」なのか…

 

 

てことで仙台営業所所属タレントを調べてみました。

 

 

STARDUST - スターダストプロモーション - タレント一覧

f:id:tokyu_kawagoe:20170223095653j:plain

 

…うん、結構男子いるね()

 

 

 

 

 

 

てことでブログを漁ってこの男子の誰かが書いてるかどうか、調べてみることにしました。

 

 

 

しかーし、辿っても辿っても出てくるのは女子ばかり!!!

 

 

一覧の全78ページ中20ページまで行ったところで諦めました。

 

 

 

 

 

で、一番最初まで飛んでみたんですが。

 

 

これが一番最初のブログ。

 

 

いや一番最初東北産の子やん!!!

 

 

これ男子全く書いてないだろ!!!

 

 

書いてないと(推測ではあるけど)わかった以上、尚更「男性タレント部門」の謎は深まります。

 

 

 

 

 

 

 

にしてもこの一番ブログを書いた律月ひかるって子、かわいいな。

 

 


↑最新のブログ

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170223115817j:plain

 

 

あっかわいい…

 

 

 

 

 

敵陣視察は今後も続けます。

 

 

 

まずは名前覚えないと←

桜エビ〜ず・水春とSILENT SIREN

桜エビ〜ずの最年長・水春(みずは)。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222194333j:plain

 

 

 

「桜エビ〜ずはめっち(川瀬あやめ)一択じゃゴラーーーーーッッッ!!!」と私はいつも思っていますが、じゃー他の子どーなの?ってふと思いました。

 

 

で、それとともに、「水春じゃない理由は?」という疑問が生じたのです。

 

 

水春は可愛いし、歌うまいし、トークも面白いし、非の打ち所のない子です。(いやそこまで高評価だと過大評価にも見えちゃうか)

 

 

しかも私と同い年、もちろん親近感もわくわけです。

 

 

ではなぜ?って言われたらそれはもちろんめっちが可愛すぎてやばいからなんですが、それだけで推さないなんていうのはもったいないなって思ったので、水春のことをちょいと調べてみようと思いました。

 

 

 

 

ただ単に「水春」とGoogle先生に聞いてみると旅館?が検索結果に。

 

 

いやお前さんじゃないと言いつつ、「桜エビ〜ず 水春」と検索、毎度おなじみのサイトが引っかかってくれました。

↑これ。

 

 

結構な頻度でお世話になっているわけですが、そんなことはどうでもよくて。

 

 

ここに興味深いことが書いてありました。

 

 

  • (12):事務所の先輩以外で好きな歌手はSilentSiren、さよならポニーテール

 

 

 サササ、SILENT SIREN!?

 

 

あの、あの水春さんが、サイサイ好きなの!?!?

 

 

いやでも一応まとめサイト的な立ち位置だし、出典となる文献を探しました。

 

 

そしたら、

 

出てきました。

 

 

2016年2月18日、1年前のブログですね。

 

 

ここに、

 

︎︎好きな歌手と曲は?
事務所の先輩はみなさんもちろん大好きです。あとはSilentSirenさん さよならポニーテールさんはよく聴きます!
曲はSilentSirenさんのRoutineという曲に最近ハマってます。刺激的な歌詞とすぅさんの甘い歌声が痺れます(O_O)

 

と書いてあるではありませんか。

 

 

サイサイの、しかもRoutineだと。

 

 

 

 

Routineとは、メジャー3rdアルバム「サイレントサイレン」の4曲目の曲です。

 

 


 

友人曰く、「ボカロっぽい曲だね」とのことで。

 

 

確かに音源では声が平らに加工されているのでボカロっぽいかもしれないですね。

 

 

 

私はこの曲はサイサイ史に残る名曲だと発売当初予想しました。

 

 

といっても曲調の近い女子校戦争が同じアルバムに収録されているのでしばらく経ってから「あの曲良い曲なんじゃね?」って人が増えるんではないか、と予想していました。

 

 

”カワイイ系”ではなく”カッコイイ系”で、3連符を多用しているということもあり、尚且つ歌詞もいいので私の中でも比較的上位にくるような曲です。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222201833j:plain

 

 

特にここがいいですね。

 

 

曲の一番最後のところです。

 

 

 

「死にたい」っていうワードを聞くと、

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222202528j:plain

 

これを連想します。

 

「あー、死にたい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、Routineも3/1発売のセレクトアルバムに収録されています。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222195947j:plain

 

 

てかセレクトアルバム23曲で3131円だからものすごくお得なんでぜひ買ってみて下さい。

 

 

サイサイのCD買ったことないよ~って人は新曲「フジヤマディスコ」よりもこっちを買うべきです。

 

 

 

 

 

話が逸れました。

 

 

水春がサイファミってわかったので次会ったときはサイサイの話でもしましょうかね。

 

 

「藤井の時いた、同い年の人」という認知をもらっているので、そこにサイサイというイメージをさらに植え付けてみることとしますか。

 

 

あ、どうせなら

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222203250j:plain

 

このSUSHI IN THE SPACEトートバッグをうまく活用してみますか。

 

 

いやもちろんあげないよ、あげちゃったら教科書入れるバックなくなっちゃうし、これ実用品なんだから。

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170222203749j:plain

 

水春よ、待っておりなされ。

 

 

(めっちにもサイサイ知ってもらおっかな~)

2/19 桜エビ〜ず ワンマンライブ 1部・茜空生誕祭 2部・バレンタインライブ

渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行われた桜エビ〜ずのワンマンライブに行ってきました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170219102040j:plain

 

 

 

この時に桜エビ見てるけど特典会しか参加できてないのでライブ自体は初めてでした。

 

 

今日のライブの場所がこれまたなんとも言えない位置にありまして、所謂ホテル街の一角、といったところだったのでとても居心地がよろしくなかったですね、はい。

 

 

中はそれなりに綺麗でしたが、客席中央に2本太めの柱があるので位置次第で見づらいといったところです。

 

 

 

 

 

 

 

1部は茜空生誕祭(といっても茜さんの誕生日・3月13日はまだまだ先なんですがね・・・)、2部がバレンタインライブといったものでした。

 

 

1部はいつもの

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170220200212j:plain

 

↑この衣装。

 

 

2部は

 

 

↑この衣装でした。

 

 

某チョコレートをイメージした、とかぼかしてたけど見事に桜井さんがブログでぶち壊してましたね()

 


2部は新衣装!


ん?新衣装じゃなくて限定衣装!


ガーナをイメージした衣装♡


真っ赤でバレンタインって感じだね(*^^*)

 

 

 

 

 

今日は桜井美里がインフルエンザで欠席、5人でのライブでした。

 

 

 

今日のライブの一番大きなポイントは途中加入・小5の芹澤もあが全てのパフォーマンスに出たことです。

 

 

芹澤さんは今までは数曲のみ、とかいう出演の仕方だったらしいんですが、今日は約20曲×2部の計約40曲全てに出演していました。

 

 

 体力的に大変だった、と言ってはいましたが、最後まで手を抜かずにやり遂げていたように思います。

 

 

 

 

さて、セトリ、を書きたいところだけど初めて聞いた曲が相当多かったのと、Twitter漁っても1部のセトリが見つからなかったので書けません()

 

 

…と思ったんですが、公式が上げてくれました。

 

これだけじゃちょいと情報不足な気がするのでメモを基に加筆していきます。

 

1部 ~茜色の空~

 

1 僕らのハジマリ

2 ダイビング!

3 初恋模様

(MC・自己紹介)

4 学園天国(茜ソロ)

5 プラチナ(茜・村星・芹澤)

6 およげ!しらすちゃん

7 仮契約のシンデレラ

(生誕ケーキ・MC)

8 バレンタイン・キッス

9 キミがスキ

10 暗闇でキッス

11 Fallin'Snow

12 万華鏡キラキラ(水春・川瀬)

(告白大会・MC)

13 とりあえず走れ!!!!

14 もっと走れっ!!

15 オスグッド・コミュニケーション

(MC)

16 はっぴースキップ☆ジャンプ

17 こころ予報

18 嘘とライラック

19 Believe

 

~アンコール~

20 やらかいはぁと

(MC)

21 オスグッド・コミュニケーション

 

 

 

 

 

2部 ~だったら想い出をいっぱい作ったらいいじゃないか~

 

1   僕らのハジマリ

2   およげ! しらすちゃん

3   仮契約のシンデレラ

(MC・自己紹介)

4   バレンタイン・キッス

5   キミがスキ

6   Fallin'Snow

(MC)

7   初恋模様

8 バラライカ

9 ハチミツ

10 One Love

11 プラチナ(茜・村星・芹澤)

12 last resort(水春・川瀬)
(MC)

13 とりあえず走れ!!!!

14 もっと走れっ!!

15 オスグッド・コミュニケーション

(MC)

16 はっぴースキップ☆ジャンプ

17 こころ予報

18 嘘とライラック

19 Believe

 

~アンコール~

20 やらかいはぁと

21  チャイム!

22  頑張ってる途中

 

 

 

今日のライブ、1部の方が断然よかったです。

 

 

オスグッドを2回やったから~とかいう、そんなことじゃーございませんよ。

 

 

水春と川瀬あやめの2人で歌った12曲目「万華鏡キラキラ」ですが、ななななんと、おもいっきしハモってました

 

 

アイドルのライブでここまでしっかりハモリをしているものを見たことがありません。

 

 

かねてから私はハモリ大好き人間です、そして、あらゆるライブで「この曲で音源じゃなく生でハモリ入れてくれよ~頼むよ~」って114514回くらい言ってます(大嘘)

 

 

冗談はこのくらいにしておいて、本気で私はハモリを生でやってくれることをどのグループにも望んでいます

 

 

そんな中、桜エビが遂にやってくれたのです。

 

 

感動しました。

 

 

桜エビ~ずの歌唱ツートップのハモリですよ?

 

 

もうほんとに私のためにやってくれてるの?ってくらい(←思い込み)

 

 

 

 

 

 

 

私がハモリをここまで薦める理由はしっかりあります。

 

 

ハモリをするには、前提として主旋律を把握している必要があります。

 

 

そして、そのうえで主旋律とは違う音程を歌わなければいけません。

 

 

しかも、あくまでも主旋律が存在するからハモリパートがそこまで出しゃばってもいけない。

 

 

主旋律を聞きながら、それに合わせて歌う必要があるんです。

 

 

つまり、他の人の声を聴きながら歌う、協調性が生じるわけです。

 

 

だから、アイドルだからこそハモリをするべきなのです。

 

 

(そういえば前もこんなこと言ったかもしれないな)

 

 

 

 

話を戻します。

 

 

そのハモリを、今回桜エビはやってくれたのです。

 

 

いやあくまでも水春川瀬の2人だけだけど。

 

 

それだけでもまずはいいんですよ。

 

 

これに続いて他の4人も加わってくれればいいので。

 

 

 

 

 

はっきり言って水春川瀬以外の歌唱なんてひどいもんです。

 

 

(これは桜エビだけじゃなく他にも言えることだけど)特に低音域の声を出せていない。

 

 

そして高音域で上手く声を裏返せていない。

 

 

要は声の音域が狭すぎるってわけです。

 

 

その上に誰とは言わないけどちょくちょく半音外す奴はおるし、正直よくこれだけひどいのにやっていけるよな、なんですよ。

 

 

でも、あの程度なら音痴ってわけじゃないだろうし、補正はまだ効きます。

 

 

いかにボイトレをしっかりやるかがカギです。

 

 

地味だけど一番大事なんだよなぁ~わかってくれよぉ~。

 

 

 

そして喉を使った発声はもう卒業しましょう。

 

 

今日村星さんが「喉が嗄れて~」とか言ってましたが、あの程度の声出しで枯れることは普通ありえません。

 

 

嗄れるなら、理由はただひとつ、喉声で歌っているから、です。

 

 

「じゃあどうすればいいの?喉以外どこ使うねん」って言われそうですが、答えは「腹」ですよ。

 

 

腹使って声出さなきゃすぐに嗄れます。

 

 

今日聞いた限りで、水春以外は全員喉声でした。

 

 

川瀬あやめの歌唱があと一息なのはこれが一つの原因でしょう。

 

 

あとちょっと改善すれば格段に良くなるから、だから基礎をしっかりやってほしい。

 

 

今の川瀬さんの歌唱を腹使ってやったとして、今以上にクセが強くなりそうですが、私は川瀬さんの歌唱嫌いじゃないし寧ろ好きだから大歓迎。

 

 

 

 

 折角ハモリをやったのであれば、今後の歌唱力向上に期待してもいいという風に捉えますよ、私は。

 

 

だから、期待しちゃいますね。

 

 

 

 

次のワンマンは4/15です。

 

 

そう、ロッカジャポニカの原宿アストロホールと同日です。

 

 

(そういえば会場限定でCD売るらしいけど、どういう形態で売るのだろうか。)

 

 

期待させられたからには桜エビ~ずに行くしかありませんね。

 

 

早速メルマガ先行でポチってきましたよ。

 

 

歌唱力のほかにも桜エビに期待していることはたくさんあります。

 

 

3/26のいぎなり東北産とのツーマンのチケットは両部とも確保しています、今から楽しみで仕方ありません。

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170220204711j:plain

 

大好きだよ。

 

(♡の位置完全にミスったって今更反省、次に活かすか。)

2/17 奥澤村(3Bjunior)ワンマンライブ「奥澤村祭りじゃ~!!vol.1」

原宿アストロホールで行われた3Bjuniorのユニット・奥澤村のワンマンライブを見てきました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170219101408j:plain

 

 

 

 

 セトリ(ゆうだよりより引用)

 

 M1 STAND UP!!!
M2 天手力男(ももクロさんカバー)
M3 スパイス少女

M4 労働讃歌(ももクロさんカバー)
M5 堂々平和宣言(ももクロさんカバー)

M6 さま〜ばけーしょん

M7 雪月花(湘南乃風さんカバー)
M8 黄金魂(湘南乃風さんカバー)
M9 HAPPY☆LOOPER

M10 勇気のシルエット

 

 

半分がカバーのセトリです。

 

 

カバーの10割、私は初見。

 

 

聞いたことのある曲が半分という何とも言えない感じでしたが、何の問題もありませんでした

 

 

簡潔に言えば、初めて見聞きした人でもボルテージが上がるようなライブだったということです。

 

 

多分、というか確実にその理由は奥澤村というグループの力です。

 

 

 

 

 

はっきり言います。

 

 

歌もダンスも、お世辞にも”いい!”とは言えません。

 

 

それでもこのライブが良かったのは、”気持ち”がしっかり伝わってきたからだと思います。

 

 

奥澤村の4人から、”本気”を感じたんです。

 

 

 

 

 

一番顕著だったのは永山真愛

 

 

”あの”永山真愛が、自然な笑顔をしていて、”あの”永山真愛が積極的にトークに参加していたんです。

 

 

決して馬鹿にしているわけではありません。

 

 

たった数日前にバレンタインイベントで見た時の永山真愛とはまるで別人だったんです。

 

 

”動きが小さくて、自信なさげ”な永山真愛ではなかったのです。

 

 

このワンマンライブに本気で取り組んでいるというのを、パフォーマンスで表現していました。

 

 

 

他の3人についても同様です。

 

 

奥澤村は4人全員が”2/17のワンマン”という日のために取り組んできたことを最大限に表現していました。

 

 

また来たい、そう思わせられるライブだったと思います。

 

 

 

 

 

 

セトリには書いてありませんが、勇気のシルエットの前にメンバーから奥澤レイナへ、生誕の手紙を読み上げました。

 

 

中村優に関しては読み始めてすぐに号泣、終盤には鼻水を垂らしてしまっていました…

 

 

そんな優さんも好きです(←おい)

 

 

そしてなんと、奥澤レイナの大親友・ロッカジャポニカ内山あみが出てきました。

 

 

ライブ自体に来ることは事前に知っていたそうですが、ステージに上がることは奥澤村の全員知らなかったのかな?

 

 

 

 

すぐに捌けてしまいましたが、”友情”を目の当たりにした感覚でしたww

 

 

 

 

 

 

 

 

4人からの格言、優さんの格言をA4にどどんと大きく印刷して壁に貼ろうかしら。

 

 

そうすれば学年末考査頑張れそうな気がする()

 

 

 

 

 

 

 

最後にお見送り会があり、出口のところに並んだ4人の前を通り過ぎるというものでしたが、もちろん優さんに話しかけました。

 

 

 

「また来ます。」

 

 

 

この言葉は本気で思った言葉です。

 

 

また見たいと思えるライブだったから。

 

 

 

 

 

次は3/23、今回と同じ原宿アストロホールでワンマンです。

 

 

今から金溜めて、予定開けておかねば。

SILENT SIREN フジヤマディスコ PV公開

SILENT SIRENの移籍第一弾シングル・フジヤマディスコのPVが公開されました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217090948j:plain

 

 

 

 

フジヤマディスコ発売まであと2週間を切っています。

 

 

先日さらにリリイベが追加発表されました。

 

 

これに関西サイファミは歓喜しているようでして。

 

 

それだけでなく、サイサイのメディア露出が特段多くなっています。。

 

 

 

 

そうです、YahooニュースLINEニュースになっているんです。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217083737p:plain

 

 

カリアゲ兄死亡のニュースの裏で、第2記事ですよ!!!

 

 

そして”あの”タイムラインを見るのに邪魔で、もはやまとめサイトと化しているニュース枠のトップにも一時期なりました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217083729p:plain

 

 

これだけでなく北海道や福岡ではラジオにも出演していました。

 

 

3/1のリリイベは、報道向けにリリイベ前に何かするそうです。

 

 

FC会員はその場に入れるとかなんとか。

 

 

ユニバ様、相当惜しまずお金をかけてくださっている。

 

 

ありがたやありがたや。

 

 

 

更に某N○Kの某番組のエンディングテーマをやるみたいですね。

 

 

私はN○Kが大っ嫌いなので、最初だけ録画してエンディングだけトリミングしたらあとは見ないかもしれませんが。

 

 

 

 

 

 

さてさてメディア露出についてはこの辺にしておいて、PVについて。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217090948j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091142j:plain

 

 

タイトルは2種類あるんですね。

 

 

 

上の方は覚悟と挑戦の時の文字に似てますね。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217094148j:plain

 

(題字じゃなく”SILENT SIREN”の方ね)

 

 

 

 

この字の感じ好きなのでSカフェに行ったときにボールペンを買いました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217094137j:plain

 

 

あ、Sカフェというのはアルバム”S”発売記念で原宿に期間限定であったサイサイ一色のカフェのことです。

 

アルバムジャケットの大きな”S"も置いてありました。

 

 

そういえばこの頃はまだサイサイのブログはアメブロだったんだなぁ、懐かしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217090951j:plain

 

 

 

 ↑ここで書いたように、安定のジュリ扇。

 

 

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091057j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091101j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091145j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091150j:plain

 

 

このミラーボールはディスコをイメージしたもの、ではなく、ユニバを意識したものとしか思えない…()

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217101536j:plain

  ↑この地球のマークのこと

 

 

私がひねくれてるからこういう考えになるんですね自重します()

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091159j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091207j:plain

 

 

背景が合成、なのはどうでもよくて、テントは”フジヤマ”を意識しているのでしょうかね。

 

 

あっここにはミラーボール吊り下げてあるから確実にミラーボールやん…()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このPVで一番気になるのはこれです。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091211j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091226j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091237j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091240j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20170217091254j:plain

 

 

 

この奇抜な恰好で踊っているのは一体誰なんだろうか…

 

 

動きもカクカクしていてロボットのようですが、PV見てたらこれが印象強くて曲入ってこないって…

 

 

パッと見小梅太夫のような、ピコ太郎のような(サングラスとかね)雰囲気はするけど違うもんなぁ…

 

 

これがメンバーである可能性は…

 

 

なくはないけどそうだとして誰よって話なので、多分ないですかね。

 

 

 

答えはたぶんPVのメイキングにあるんでしょう。

 

 

要は「フジヤマディスコ買ってね~」なわけです。

 

 

 

http://silent-siren.com/wp-content/themes/silentsiren/images/top/release/main01.jpg

 

初回限定盤Bを買えば入っているはず!?(あくまでも憶測)

 

 

初限Bはジャケ写もいいし、買って損はないですよ。

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217104050j:plain

 

フジヤマディスコ買ったらきっとあみぽんも喜んでくれるよ(ニッコリ)

ばってん少女隊 新曲・すぺしゃるでい カップリングとのバランスが取れている

ばってん少女隊の新曲・すぺしゃるでい。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170217002337j:plain

 

 

 ↑この日に予約していた分を14日(3Bjuniorのバレイベの日)にフラゲしていました。

 

 

 

ばっしょーを見たのは、藤井とその翌日の噴水広場とタワレコ渋谷の合計3回です。

 

 

その中で新曲を聞いたのは、コトバテニス3回、すぺしゃるでい2回、ころりん HAPPY FANTASY1回です。

 

 

といっても藤井の時は新曲としてコトバテニスを意識していない状態で聞いたので実質2回です。

 

 

いや、噴水広場の時も終わってから新曲と気づいたんだっけな?

 

 

正直な話コトバテニスはカバーだというのが最初の認識でした。(いやもちろん持ち曲なんだけどね)

 

 

だってばっしょーっぽさがあまりにも薄いんだもん…()

 

 

 

 

そんなことはさておき、音源化された3曲を聞いての感想を書いていきます。

 

 

 

まずは表題曲・すぺしゃるでい

 

 

PVについては

 

このエントリーで書いています。

 

 

ここでは曲については触れていないに等しいので、改めて書きますよ。

 

 

 

 

…と言いたいところですが、この曲、PVありきの曲です。

 

 

PVがあってはじめて音楽として成立しているイメージ。

 

 

これに関してはPV見まくって音源聞きまくってるんで麻痺ってる部分があるのかもしれません。

 

 

裏を返せば中毒性は高い、ということですが。

 

 

 

 

しかしだ、最近瀬田さくらの歌唱にどうしても違和感を感じてしまう自分がいる。

 

 

何と言うのだろうか、音程合ってるのにズレて聞こえる。

 

 

例えば「(いつでもゼンリョク) リスペクトです!」の「ペ」の音だったり。

 

 

その理由は、所定の音に行く前に一旦それ以下の音程に下がった発声方法だからなんですがねぇ。

 

 

ちゃん瀬田の歌唱については音楽部(合唱部)のリア友からの知識を交えて別エントリーで書こうかなとは思いますが、違和感の根源が分かっても尚違和感が残るので、これは致し方ないのかな?

 

 

 

 

 

 

すぺしゃるでいはこの辺にしておいて、次はコトバテニス

 

 

先述の通り、コトバテニスはばっしょーらしい曲ではないと思います。

 

 

らしさはないけどだからといって駄曲なんかではない。

 

 

今までのばってん少女隊といえば表題曲が良すぎてカップリング曲が微妙だったわけですが、今回はそうではないのです。

 

 

こういったバラード調(?)の曲はポップ調(?)な表題曲の裏にあるべき存在なわけです。

 

 

これがバランスのとれた表題とカップリングの立場関係です。

 

 

にしても、コトバテニスのちゃん瀬田も「伝えた~い」に違和感を感じる。

 

 

 

 

 

 

最後にころりん HAPPY FANTASY

 

 

これが3曲の中で個人的にお気に入りです。

 

 

この曲は裏拍(2・4拍)で自然とリズムをとってしまう、ノれる曲です。

 

 

それから、バックの音のつながり方が単純だけど綺麗です。

 

 

1サビ後半の半音ずつ上がっていくところとか特にそう。

 

 

そして何と言ってもこの3曲の中で最もばっしょーらしい

 

 

「ばっしょーらしいってなんぞや」と言われそうですが。

 

 

なんて言うんだろ、雰囲気が「ばってん少女隊ですぅっ!!」って感じの。(いやわからないな?)

 

 

要はころりん HAPPY FANTASYはコトバテニスと対比的な立ち位置なんですよ。

 

 

ばっしょーらしさのないコトバテニスといかにもばっしょーらしいころりん HAPPY FANTASYと、この2つが並ぶことで対比を生み出している。

 

 

「私たちはどの系統でも我が物にしてみせます!」と言わんばかりの、まぁ正直、完全に我が物にできてるとは言えないけど。

 

 

これら3曲の丁度いい具合の調和が、このシングルの安定したバランスに繋がってきます。

 

 

すぺしゃるでいは”ブレない”安定感がありますしね。

 

 

安定感のある表題曲の下に対比的な2曲、これもう完璧でしょ。

 

 

この3曲はどれ1つですら欠けたら成立しません。

 

 

1曲ずつ良曲だけど、本領発揮するのは3曲くっついたとき。

 

 

このバランスには立場関係だけでなく、共通点もいい影響を与えています。

 

 

これら3曲の共通点、それは、どの曲も思わず口ずさんでしまうようなメロディーであることですね。

 

 

特にコトバテニスなんかは、歌詞は意味不明だけど”テスト”や”テニス”の”テ”の音が繰り返されるので頭に残りやすく、自然と口ずさんでしまうわけです。

 

 

 

 

ばってん少女隊の新曲・すぺしゃるでいは名盤確定でしょう。

 

 

 

 

 

コトバテニスのラストのギターのところを通知音にしました。