読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

ホラーの天使 公開日 初日舞台挨拶

どうも、本日連投です、東急川越です。

ほんとはこの一つ前のエントリーはホラーの天使を見る前に書き終えたかったんですが、終わらなかったっていうのがちょっとした裏話。

ホラーの天使というのはその名の通りホラー映画なんです。

私はホラー映画は好きじゃないです、寧ろ嫌いな部類です。

じゃあなんで見たねんってことなんですが、主演が葵わかなさんだからです。

チケットを取ってから知ったんですが、水谷果穂さんも出ている映画なんですよね。

水谷果穂さんはこえ恋で激ピュア会長を愛でる会(生徒会)の青山雪を演じていた女優さんなんです。

こえ恋のキャストは永野芽郁さんや水谷果穂さん、大友花恋さんといった今後が期待できる女優さんばかりなんです。


脱線しました。


ホラーの天使は沖縄国際映画祭 島ぜんぶでおーきな祭、京都国際映画祭で上映された映画で、3月時点で見ている人は見ている映画です。

にしてもよくホラー映画をこの11月末まで待って公開しましたよね。

ホラーは夏やるもんでしょ。



85分映画の本作は監督が長江俊和です。

調べてみたらテレビの作り手みたいですね。

映画が本業じゃないみたいで。

まぁ読売テレビ制作なのでそりゃそうか。


冒頭が竹中直人さんのインタビューのようなものではじまるんですが、その受け答え、それからその後のシーンの諸々が“これはネタ枠の作品か?”と思わせるものでした。

ただそれは全くの間違いだったわけで。

劇場を出る時には足取りがおぼつかなかったです。

多分恐怖もあったけど見入ってずっと同じ体勢だったから硬直してたんですかね。(逃げ道を作っておきます)


この作品は作中で大きく分けて3つのシーン設定があります。

ネタバレにはしたくないので大きく分けると

・恋敵(葵わかな×恒松祐里)
・売れない芸人(藤原一裕(ライセンス)×草野イニ)
・駆け出しアイドル(水谷果穂×矢倉楓子(NMB48藤田みりあ(フェアリーズ))

この3つです。

最初は場所以外関係ないように思えるんですが実はそれ以上の関連性があったり逆に関係ないところもあったりと色々複雑になっています。

ものすごくコアなネタですが、藤田みりあ演じる“まどか”という役名が、マネーの天使で葵わかなが演じた“菅原円”と同じまどかだったところが気になりました。

気づいた人他にいたのかな。

マネーの天使というのは今年の1~3月期の日テレ木曜プラチナイト枠のドラマです。

私が葵わかなさんを知ったきっかけのドラマなんですがね。

一応葵わかなさん、矢倉楓子さん、藤田みりあさん、あとは竹中直人さんについてはマネーの天使に出演しており、マネーの天使のホームページでもホラーの天使の紹介バナーが表示されています。

派生してるようなもんですからね、一応。

ストーリー全く違うけど。


映画についてどう書けばいいかわからないしネタバレはしたくないからあんまり書きません、みなさん映画館で見てみてください。





そして初日舞台挨拶も行われました。

生で見るとやはり美しい、、

ほんの少しだけ写真撮影OKの時間があったので撮らせてもらいました。

f:id:tokyu_kawagoe:20161126211024j:plain

メディアも20人以上来ていて驚きましたね。

また見に行きたい、と言いたいところですがもう十分です。

2度見ること自体はいいけどもう一度怖い思いするのは嫌だ…






12/3にこのお美しい葵わかな様とツーショ撮れるなんて幸せ。