読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

Silent Siren 重大発表の連続

どうも、そろそろこの冒頭の挨拶面倒になってきた()東急川越です。

 

昨日行われたSilent Siren 年末ライブ Dream On。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161231182736j:plain

 

ここで重大発表がいくつもありました。

 

実際に現地に行けなかった私は公式発表でこのことを初めて知りました。

 

以下公式LINEの引用です。

 

重大発表怒涛の5連発!!
本日のDream on! 東京公演で発表された衝撃的重大発表です!!


まずは!
★レコードメーカー移籍決定★
新レーベルは・・・

ユニバーサルミュージック EMI Records


続いて!
★2017年3月1日 移籍後第一弾シングル発売★
タイトルは・・・

「フジヤマディスコ」


さらに!
★2017年3月1日 メンバーセレクションアルバム発売★
タイトルは・・・

Silent Siren Selection」


そしてなんと!
★全国ツアー発表★
ツアーファイナルは武道館2DAYS!!
ツアータイトルは・・・

5th ANNIVERSARY SILENT SIREN LIVE TOUR 2017 『新世界』


極めつけは!
★新バンドロゴ&新アー写大公開★
バンドロゴは全て大文字へと一新!!


詳しい情報はオフィシャルサイトへ!
http://silent-siren.com/

5th アニバーサリーツアー「新世界」の情報は特設サイトへ!
http://5th-anniv-ss-tour.com

 

今のドリーミュージックからユニバーサルミュージックにレーベル移籍です。

 

www.universal-music.co.jp

ユニバ公式にも既にページができています。

 

ユニバといえば秋元Gのグループや、レーベルは違うもののときめき♡宣伝部も所属しています。

 

どうしてレーベル移籍をすることになったのか、詳しいこと、本意はメンバー4人とナオキャンと、スタッフとしかわかり得ないことですが、気になるところです。

 

ベースの山内あいなもブログで

 

lineblog.me

移籍の決断は簡単な事じゃなかったと言っています。

 

大きな決断をするのに5周年という区切りが後押ししたのかとは思います。

 

 

 

そして今年の3/2にアルバム“S“をリリースして以降、7月のSツアーファイナルで披露された新曲“シンドバッド“の動向が全くわからない状況でした。

 

今回の年末ライブで新曲について何かしら発表があると読んでいましたが、まさかこういう形になるとは思っていませんでした。

 

移籍後最初のシングルは“フジヤマディスコ“。

 

昨日のライブで披露されたらしいですが、曲名からしてDanceMusiQのような曲でしょうか。

 

3/1になるまでどんな曲かは楽しみにしておくこととします。

 

そしてシングルと同時にセレクトアルバムがリリースされます。

 

(アルバムはドリーから出すのね)

 

私が注目しているのはワカモノコトバが音源化されることです。

 

配信限定?だったこの曲がやっと音源化されるんです。

 

そしてDisc2に恋い雪、爽快ロック、チャイナキッスの3曲が入っていること。

 

シングル“恋い雪“の3曲すべてが入っています。

 

やはりあのシングルが名盤だったことを再確認できました。

 

そしてもうひとつ。

 

シンドバッドが入っていない。

 

シングルにもアルバムにも、どっちにもシンドバッドが入っていません。

 

これはもしやライブ限定で眠るのか?

 

色々考えられることはあるけれど、あの曲は音源化すべきです。

 

 

それから、ツアーが6月から始まります。

 

戸田が初日です。

 

我が埼玉、そしてサイサイの跳躍に一役買ったストロボナイトもここ埼玉の放送局NACK5で放送されていました。

 

あとゆかるんの出身埼玉だしね。

 

私は戸田、六本木、武道館両日を見たいと思っています。

 

シングルとアルバムの同時発売もあり、ツアーもあるとなると、今から貯蓄に入らないとだと思っています。

 

なのでドルヲタとしての活動は増やすつもりだったけど増やせそうにはないです。

 

 

 

 

今日のエントリーはパソコンではなくスマホからなのでしっかり書けていませんが、サイサイについてはまた別のタイミングでしっかり書こうと思っています。

 

 

 

 

 

今年1年、正確には数ヶ月ですが、拙い文章を読んでいただきありがとうございました。

 

より読みやすい文章に向けて努力してまいりますので、来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

良いお年を。