読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

2/11 SILENT SIREN移籍第一弾シングル・フジヤマディスコリリースイベント イオンモールむさし村山

SILENT SIREN 移籍第一弾シングル フジヤマディスコリリースイベント イオンモールむさし村山に行ってきました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170211201838j:plain

 

 

 

 

大変恥ずかしながら寝坊しまして、到着したのが11時半を過ぎていました。

 

 

優先エリア入場が12時からだったので、30分前の到着ということになります。

 

 

が、まだ特典券どころか優先券も余っている状況で、とても助かりました。

 

 

 

 

 

 

さて、肝心のミニライブですが、本当にミニでした。

 

 

1部・2部ともに3曲のみの披露。

 

 

あとはワンマンライブで!と、商売臭をプンプンにおわせる発言までありました。

 

 

ちょうど今日の15時からFC(ファンクラブ)会員先行販売が開始していることもあり、仕方のないことなんでしょうが、あまりにも露骨すぎたかなぁ。

 

 

「お早めにチケットをゲットしてください!」って言ってたんですが、某東武鉄道東上事業部の車掌の車内放送みたいな言い回しで個人的にはツボでした。

 

 

ちなみにその車掌は「途中通過いたします、新河岸、上福岡においでのお客様は、今度の川越市におきまして反対側ホーム3番線に停車中の、各駅停車の元町・中華街行きに、お早めにお乗り換えください。」と車内放送する人です。

 

 

元町・中華街”のイントネーションがちょっとおかしくて乗換を急かすことで私と同じ部活の同級生の間で話題の車掌さんです。(←範囲狭い)

 

 

トークもそこまで多いわけではなかったし、ミニライブはたったの20分で終わりました。

 

 

一応セトリを書いておきます。

 

 

1部

・チェリボム

・ラブバルーン

・フジヤマディスコ

 

2部

milk boy

・ラブバルーン

・フジヤマディスコ

 

 

1部と2部で1曲しか変えないセトリでした。

 

 

ラブバルーンはフジヤマディスコのカップリング曲で、2曲目に入るそうです。

 

 

フジヤマディスコは全4曲みたいなので、あとの2曲が気になるところですね。

 

 

明日は銚子とかいうとっても遠い場所でリリイベをやるみたいですが、そこで3曲目(あるいは4曲目)を披露するのでしょうかね。

 

 

 

 

 

新曲を聞いた感想ですが、

 

フジヤマディスコもラブバルーンも曲調はalarmのような「ライブでそこまで盛り上がるわけじゃないけど音源めっちゃいいよね」系の曲でした。

 

 

いや正確にはまだリリースされていないから、音源を聞けないから推測論にはなってしまいますが。

 

 

ラブバルーンは曲の最後に「ラブラブバルーン」(で合ってるかな?)って連呼してるんですが、雰囲気的にフェードアウトしそうだな、と思わせておいて〆がしっかりあるという感じです。

 

 

フジヤマディスコは「フジヤマディスコ」と結構な回数言って、いわゆるジュリ扇をクルクル回す感じです。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170211211537j:plain

↑ジュリ扇(あっ早苗さん、、、)

 

 

 

いやなんだそれって言われそうですが、他に「こんな感じですよ~」って例えられる知識もないし、比較的曲自体が単調なところがあるので「聞いてみてください!」としか言えないです。

 

 

 

 

 

 

 

今日の収穫は新曲を聞けたことももちろんそうですが、何よりもmilk boyが聞けたことです。

 

 

いやただ聞けただけでも十分なんですが、コールが入っていたんです。

 

 

直近で行ったサイサイのライブは去年のSツアーファイナルの横浜アリーナなんですが、少なくともその時にはコールは一切ありませんでした。(いや完全にではなかったが)

 

 

それがいつの間にかコールが定着している

 

 

これがですね、実はこのコール、多分元凶は私です。

 

 

Sツアー初日、六本木で1100番台だった私はもちろんほとんど最後列で見ていたわけですが、すぐ隣が10人くらいのヤンチャ系集団でした。

 

 

円陣組んでヘドバンしたりしていて、気分を害した私はひとりで喉つぶしてアイマスのノリでコールしてたんです。

 

 

1曲目がmilk boyだったのでいきなり私はぶち上がっていたわけですが、周囲からは何故か「聞いたことがない曲」との声。

 

 

いや”S"ってアルバムひっさげたツアーでそのアルバムの3曲目に入ってるだろーがってツッコミを心の中でしていましたが、要は周囲はそこまで盛り上がっていなかったわけです。

 

 

そこに私がアホみたいにコールしてるんで結構目立ったでしょうね。

 

 

いや目立ちたくはなかったけどヤンチャ系軍団への腹いせみたいなものがあったので。

 

 

追認定考査に合格してどうにか進級できたばかりの私は当時(去年4月)相当テンションが相当いかれていたので今となっては「なんでそんなことしたんだ」なんですが。

 

 

でもmilk boyという名曲にひとつの歴史を刻めたことがとてもうれしいです(大袈裟か)

 

 

でも、曲頭のワンツーの声が少なかったのが残念でしたね。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170211214030j:plain

 

↑これはSツアーのパンフレットのアルバム全曲解説なんですが、公式でこうやって言ってるからもう少しいてもおかしくないんだけどなぁ、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナオキャンとサイファミで写真撮ってたので紛れ込んできました。

 

 

フリ素には、しないでください。(フリとかじゃないです)