東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

2/17 奥澤村(3Bjunior)ワンマンライブ「奥澤村祭りじゃ~!!vol.1」

原宿アストロホールで行われた3Bjuniorのユニット・奥澤村のワンマンライブを見てきました。

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170219101408j:plain

 

 

 

 

 セトリ(ゆうだよりより引用)

 

 M1 STAND UP!!!
M2 天手力男(ももクロさんカバー)
M3 スパイス少女

M4 労働讃歌(ももクロさんカバー)
M5 堂々平和宣言(ももクロさんカバー)

M6 さま〜ばけーしょん

M7 雪月花(湘南乃風さんカバー)
M8 黄金魂(湘南乃風さんカバー)
M9 HAPPY☆LOOPER

M10 勇気のシルエット

 

 

半分がカバーのセトリです。

 

 

カバーの10割、私は初見。

 

 

聞いたことのある曲が半分という何とも言えない感じでしたが、何の問題もありませんでした

 

 

簡潔に言えば、初めて見聞きした人でもボルテージが上がるようなライブだったということです。

 

 

多分、というか確実にその理由は奥澤村というグループの力です。

 

 

 

 

 

はっきり言います。

 

 

歌もダンスも、お世辞にも”いい!”とは言えません。

 

 

それでもこのライブが良かったのは、”気持ち”がしっかり伝わってきたからだと思います。

 

 

奥澤村の4人から、”本気”を感じたんです。

 

 

 

 

 

一番顕著だったのは永山真愛

 

 

”あの”永山真愛が、自然な笑顔をしていて、”あの”永山真愛が積極的にトークに参加していたんです。

 

 

決して馬鹿にしているわけではありません。

 

 

たった数日前にバレンタインイベントで見た時の永山真愛とはまるで別人だったんです。

 

 

”動きが小さくて、自信なさげ”な永山真愛ではなかったのです。

 

 

このワンマンライブに本気で取り組んでいるというのを、パフォーマンスで表現していました。

 

 

 

他の3人についても同様です。

 

 

奥澤村は4人全員が”2/17のワンマン”という日のために取り組んできたことを最大限に表現していました。

 

 

また来たい、そう思わせられるライブだったと思います。

 

 

 

 

 

 

セトリには書いてありませんが、勇気のシルエットの前にメンバーから奥澤レイナへ、生誕の手紙を読み上げました。

 

 

中村優に関しては読み始めてすぐに号泣、終盤には鼻水を垂らしてしまっていました…

 

 

そんな優さんも好きです(←おい)

 

 

そしてなんと、奥澤レイナの大親友・ロッカジャポニカ内山あみが出てきました。

 

 

ライブ自体に来ることは事前に知っていたそうですが、ステージに上がることは奥澤村の全員知らなかったのかな?

 

 

 

 

すぐに捌けてしまいましたが、”友情”を目の当たりにした感覚でしたww

 

 

 

 

 

 

 

 

4人からの格言、優さんの格言をA4にどどんと大きく印刷して壁に貼ろうかしら。

 

 

そうすれば学年末考査頑張れそうな気がする()

 

 

 

 

 

 

 

最後にお見送り会があり、出口のところに並んだ4人の前を通り過ぎるというものでしたが、もちろん優さんに話しかけました。

 

 

 

「また来ます。」

 

 

 

この言葉は本気で思った言葉です。

 

 

また見たいと思えるライブだったから。

 

 

 

 

 

次は3/23、今回と同じ原宿アストロホールでワンマンです。

 

 

今から金溜めて、予定開けておかねば。