東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

5/28 たこやきレインボー “たこ虹春の全国ツアー「Rainbow Revolution」” @ZeppTokyo 生バンド最高すぎるだろ!

ZeppTokyoで行われたたこやきレインボーの“春の全国ツアー「Rainbow Revolution」”を見てきました。


f:id:tokyu_kawagoe:20170528155154j:image

 

(ばっしょーのリリイベと回して、一昨日は@JAMだったし、充実した週末&テスト明けでしたね、はい)

 

 

会場に着いて驚いたのは、親子連れ、小中学生からお年を召された方まで、“ヲタ”って感じのしない人が相当数いることです。

 

 

万人受けしているってことですね、たこ虹恐ろしや。

 

 

セトリ

 overture~tacoture~

六甲たこおろし

じゆう!そう!フリーダム!

絶唱!なにわで生まれた少女たち

なにわのはにわ

(MC・自己紹介)

レインボーレボリューション

サンデーディスカバリー

たこ虹物語〜オーバー・ザ・関ヶ原

One Two Three Four Five

(MC)

ジュージューシー

ナナイロダン

めっちゃ FUNK

ええねん

365 Go!

(MC)

ちゃんと走れ!!!

 

 

[アンコール]

RAINBOW~私は私やねんから~

ミックスジュース

(MC・告知発表)

オーバー・ザ・たこやきレインボー

 

 

今回のツアーは生バックバンドでのライブです。

 

 

バックバンドについては、後述。

 

 

最近ネジが5・6本は外れてるので、くるみ様への想いも止まりません。

 

 

完全にいつもの自分ではありませんでした。

 

 

もう知ったこっちゃありませんそんなことどうでもいいんでレポ書きます。

 

 

 

たこ虹のライブはリリイベと藤井でしか見てなかったので、がっつりライブは初。

 

 

ライブ映像などを見て「あー虹家族ってコール合わせるのうまいなぁ、こういう形の整ったコールなら喜んで入れたくなる」と思っていました。

 

 

スタダ内で比較すると断然コールが綺麗なんですが、うーん生で聞くと微妙、ズレたコールがちょいちょい入るし、新曲のコールは定まってないし。

 

 

いやこれを悪いとか言いたいんじゃなく、拍子抜けしたってことです。

 

 

今まで”虹家族は適応能力が高い”と認識していましたが、そうではなくて”虹家族は段取りの上での結束力が強い”ということでした。

 

 

適応能力は、アンコールの声によく現れてます、前列と後列とでズレたアンコールってなんやねんっ!w

 

 

基本的にはばってん少女隊のヲタクと同様に、前に前に、自分から来るタイプではないということがわかりました。(客席中央から聞こえたイエッタイガーを除く)

 

 

だからどうってことは、全く無いですが。

 

 

 

 

ライブ全体を通しては、歌唱は通して安定、ちょいちょいアレンジ加わってるし流石でした。

 

 

もう書きたくて仕方ないんでバックバンドについて書きます。

 

 

最初六甲たこおろしから始まったわけですが、まず思ったのは「ドラムの動きが重たくて硬いこと硬いこと」。

 

 

最後のほうでバンドメンバー紹介があった時にやっと気づいたんですが、ただ単に年齢が結構いってるから動きが大きく重くなるだけってことでした()

 

 

ドラムは相当いい演奏でした。

 

 

ちょいちょい我流ぶち込んでっくるあたりがもうほんとこれぞ生バンドだぜ!って感じで、ほんと推しの次に見ていたのはドラムでしたね。

 

 

キーボードは通してシンセ系の音で、ピアノ系で弾いていたのは1曲?2曲?その程度でした。

 

 

ベースはもうちょっと主張が欲しかったですね、「あくまでもたこ虹ちゃんが主役だから…」って感じで謙遜しすぎていたように感じました。

 

 

ギターはまぁよかったですけど、いざマイクが向けられた時にちょいしゃべりすぎ、でもまーバンドマンはそのちょいズレた感じがいいんだけど。

 

 

 

 

バックバンドの魅力が最大限発揮されたのはめ”ええねん”の後奏のアレンジです。

 

 

ここで一旦メンバーが両袖に掃けたんですが、時間調整にバンドアレンジが使われたわけです。

 

 

いや〜もう最高ですね、多分ツアー全会場回って、同じような流れになったとしても、同じ演奏にならないはず。

 

 

そこがバンドの良さなんですよね。

 

 

いくら聞いても飽きない、いつ聞いても安定してどこかしらが違うけど、そんな中にもちゃんと”我”が詰まってるんですよね、ほんと最高です。

 

 

しかし、残念だったのはたこ虹メンバー。

 

 

せっかくの生バックバンドだったというのに、バンドメンバー紹介が甘い!

 

 

個々の楽器のソロ主張をしっかりさせ切れていませんでした。

 

 

ただただ翻弄されてるばかり、お互いがお互いに。

 

 

 

そして虹家族も然り。

 

 

バンドメンバーのソロ終わったらもっと盛り上がらんかい!

 

 

ただ単に知らないだけなのか、知ってるけど主役はたこ虹だし?的な考えなのかわからないですけど、せっかく生バックバンドをやってくださっているのに、失礼です。

 

 

今日のライブは95%生バンドじゃなかったら成立していないライブです。

 

 

残りの5%は”ギュイーン”とかみたいな細かいところを音源に任せていたからです、これに関しては寄せ集めだし仕方ないとは思いますが。

 

 

もうほんと、バックバンドには感謝しかないです、あれを音源化してほしいレベルです。

 

 

今日思ったのは、やっぱり私はドラムって楽器とキーボードって楽器が好きなんだなーってことです。

 

 

コールなんかよりもドラムのリズム取ってたり、右手がキーボ弾く動きしてたり、これ全部無意識です。

 

 

バンドミュージックってやっぱりいいですね、ほんとに。

 

 

もうほんと、サイサイとスタダアイドルがコラボしてほしいってところに行き着くんですよ結局。

 

 

やるならロッカジャポニカなんでしょうけど。

 

 

本気でロジャポが武道館を目指すなら、武道館はサイサイのバックバンドでやってほしいですね。

 

 

 

 

逸脱しました、閑話休題

 

 

 

 

 

本編終盤に、重大な告知がありました。

 

 

なんと、

 

 

9/10(日) オオサカアイドルフェスティバル @日比谷野音

 

 

の開催が決定!!!

 

 

 

しかも、たこ虹バンド(昨日のバックバンド)も出演するとのこと!

 

 

もうこれは行くしかないですね。

 

 

本校文化祭の翌週です、他校さんの文化祭が結構入ってる日ですが、関係ないです。

 

 

野音だから音の拡がり方とかまた違ってくるんですかね、野音でライブ見たことないからわからないですが。

 

 

本日の19:28メルマガ会員先行抽選受付開始だそうです。

 

 

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170528213609j:plain

 

 

(サイサイフェスと被りさえしなければ…)