東上急行電鉄 郭町乗務管区

ななよんと申します。新聞を作る高校生やってます。DDではありません。

3Bjunior運営のやる気のなさはリーフシトロンのラジオ出演に顕著に表れている。  公野の故障離脱も然り。

先日書いたこのエントリー

 

 

こいつがいつも以上に読まれているので、この際3Bjunior運営のやる気のなさについて、前に書いてそのままお蔵入りさせていたエントリーに加筆修正して出しておきます。

 

 

 

もうこの話題は1か月半前のことで、話題としては古いんですけどね。

 

 

 

4/16に3BjuniorリーフシトロンNACK5日曜夕方の番組・カメレオンパーティー(以下 カメパ)にゲスト出演しました。

 

 

カメパはロッカジャポニカの番組・目指せてっぺん!しゃべろっか ジャポニカを有する番組です。

 

 

多分そのツテで出演したんでしょう。

 

 

↓出演部分を録音して上げてありますので聞いてみてください。

 


 

 

そもそもカメパ自体去年だかの大改変でできた番組、過去にあった〜IDOL SHOWCASE〜 i-BAN!!とかの枠の番組です。(4月期改変で野球中継のため16時枠に移動したが)

 

 

パーソナリティはクセが強い土屋礼央と、ほんわりした雰囲気の佐々木もよこ

 

 

強い口調の土屋礼央をいい感じに流しつつ上手くやりこなす佐々木もよこは、まるで平日昼間のGOGOMONZの横田かおりのようだ。(横田かおりは何度か前の改変で産休だかで卒業したが)

 

 

要はリーフシトロンに三遊亭鬼丸がダル絡みしてるのと似た構図が出来上がっていたということ。

 

 

この時点で面倒なにおいがプンプンしてきますが、まぁ実際そうだったわけです。

 

 

ただでさえ野球中継延長でカメパの開始が遅れて番組がゴタゴタしてる中、まぁまともな打ち合わせはしてなかったんでしょうね。

 

 

結局結論から言うと、何のためにゲスト出演したのかが全く理解出来なかったです。

 

 

そもそも何のためにゲスト出演するのか明確ならもっとしっかり打ち合わせするでしょ。

 

 

それすらないから結局伝えるべきことすら伝えられないまま終わったわけです。

 

 

敢えて本なしのフリートークをさせるとしても、”こことここだけはマストね”っていうのがなきゃグダグダになるのは確実ですから。

 

 

この時、すべきだった告知も曖昧なままで終わってます。

 

 

まず、そもそも4/1の話をすべきだった。

 

 

4/1にどんなライブをして、どうだった、とか。

 

 

「3Bのライブはこういうライブだよ、4/1はこんなライブをして、次はこういうことするから、見に来てね!」

 

 

っていうのがあるべき姿。

 

 

実際4/1のライブは決して悪くはなかったし、4/1のライブを振り返って語れば多少は効果があったでしょう。

 

 

 しかし、4/1の話をしないだけでなく、肝心の告知をあっさり終わらせていますからね。

 

 

5/5の定例については「山野ホールでやります」程度、土屋さんが銀座のほうと間違えて話を発展させづらかったのかもしれないけど、告知はガツガツいかないと。

 

 

あとはフェス出演と3Bのシングル・アルバム配信について程度です。

 

 

これもあっさりで終わり。

 

 

 

もう一度言います。

 

 

やる気ないよね?

 

 

 

せっかく首都圏全域に飛んでる電波に声を乗せられたんですよ?しかもFM聴取率首位を争う局の電波ですよ?もったいない。

 

 

 

 

 

 

もっと言うとこれだって運営に落ち度があったことがひとつの原因だと思ってますよ、私は。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170602205642p:plain

 

 

クッソ重くて見づらいHPを開くのも面倒だと思うんでスクショ貼りますけども。

 

 

疲労骨折って、ダウンタウン松本人志くらいしか聞いたことないですよ()

 

 

彼は”筋トレのしすぎ”で疲労骨折したみたいなことを何年か前の某年末特番で言ってましたね。

 

 

いくらやりすぎったって、じゃーなんで他の人は疲労骨折しないの?ってわけで、簡単な話、ケアが足りないからだと私は思います。

 

 

私自身、一応小3~中3まで軟式野球やってて、何度もケガしてるから、ケガをしない人とどう違うかはある程度心得てるつもりです。

 

 

現役で高校野球の選手やってる友人は、ここまで大きなケガなく昔から活躍してきてますが、彼はなにせ体が柔らかい、そして、練習後・試合後のストレッチを怠っていませんでした。

 

 

結局柔軟性とケアがものをいうわけですが、そうは言っても私のように性格がひん曲がっていると「いいや時間もったいないし、風呂と睡眠で自然回復だっ!」ってなるわけです。

 

 

これはケガに繋がります(マジで)

 

 

 

公野氏も、推測するに、事後のケアを入念に怠ってなかったのでは?

 

 

というか、20人を超える大所帯だから、もしかしたらそういうところは各自に任せきりにしているのかもしれませんが。

 

 

でもねー、売り物壊れちゃったら売れないんだよ。

 

 

よくいる売れない地下の運営はアイドルを道具にしか思ってないと私は認識してますが(地下disとかではなくイメージ)、それに近い状態になると”堕ち”を意味しますね。

 

 

体調管理に関しては、流石に3食全部管理して、とかやってられないし、そこまでの管理下に置いてしまってはお互いの士気だって下がってしまうから、そんなことをしろとは絶対に言いません。(あまりにもファストフードばっかりで健康を害すならアドバイスはするべきだが)

 

 

ただ歌うだけだとしても、喉のケアは必要だし、例えば声が嗄れるレベルに喉に負担がかかっているのなら、所謂”声帯のマッサージ”をすべきです。

 

 

アイドルの場合、歌にダンスも加わります。

 

 

時には激しい動きをすることもある。

 

 

だから、ストレッチは、マジで大事。

 

 

 

…って体カッチカチに硬い人に言われても説得力ないんだろうけど、もうこれ以上”故障者”は出さないでほしい。

 

 

体調が…っていうんなら無理はすべきじゃないが、それ以前の防げるリスクは確実に回避すべきです。

 

 

 

まぁ多分、やる気さえありゃとっくにやってるんでしょうけどね、こういうところからもやる気のなさを感じてしまうのはそういうことです。

 

 

原因が他にあるとしても運営やる気ない説は取り下げません。

 

 

やる気あったらユニットをもっとうまく活用できるはずでしょうし。

 

 

ま、人数が減り続ける現状でどう踏ん張るのか、じっくり傍観することとします。

 

 

 

 

 

まじでそろそろやる気出して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、

 

f:id:tokyu_kawagoe:20170602205143p:plain

 

Chromeのおすすめ記事になってるみたいですね()

 

 

いいんだか悪いんだか()